サッカーの話をしよう

No.1185 死語になった『衣替え』

 夜の試合の取材に何を着ていくか、毎回迷ってしまう。10月にはいってから、「11月下旬なみ」の予報が出たかと思うと、別の日には30度を超す「真夏日」となった。
 「衣替え」という言葉も、すっかり死語になってしまったようだ。以前は10月1日になると高校生たちがいっせいに「冬服」になり、季節を感じさせたが、最近はコート姿と半そで姿が入り交じって歩いていても違和感がない。
 サッカーのユニホームも、同じようなことが言える。
 ずいぶん昔の話になるが、1970年の11月にユールゴルデンというスウェーデンのクラブが来日し、日本代表と4試合を戦った。東京・国立競技場での初戦は降りしきる雨の中での一戦。ユールゴルデンが若手主体の日本代表に6−1で圧勝したのだが、何より驚いたのは、凍えるような雨のなか、ユールゴルデンの選手たちが半そで姿でプレーしていたことだった。日本代表は、もちろん、全員が長そでだった。
 サッカーのユニホームは、昔は生地も厚手で、私のような「草の根プレーヤー」は半そでのユニホームなどもっておらず、長そで1枚で1年を通した。秋から春まで3シーズン使えるからだ。夏には、そでを折り曲げ、たくし上げてプレーした。
 それぞれの選手はシャツ、パンツ、ストッキングとも、色の違う2種類を用意する必要がある。シャツだけと言っても、そのうえにさらに半そでを2枚購入するのは大きな出費だった。もちろん、トップクラスのリーグや日本代表では、半そでも用意されていたが...。
 最近は「草の根」でも半そでが基本のようだ。素材も、暑い時期の体温放出機能が重視された薄手のものになっている。寒い時期にはアンダーシャツを着用して対応するスタイルが違和感なく受け入れられるようになったからだ。現在では公式ルールにもアンダーシャツについての規定が盛り込まれ、ユニホームの主たる色と同色でなければならないと定められている。
 寒い時期の試合で長そでを着るか、半そでにアンダーシャツのスタイルにするかは、個人の好みのようだ。その結果、冬になると両スタイルが混在することになる。よく見ると少し違うのだが、大きな問題ではない。
 プロの試合では、近年、真冬でも半そで姿でプレーする選手を見るのが珍しくなくなった。私の感覚では、長そで(あるいは半そでプラスアンダーシャツ)にしたほうがけがの予防にもなるのではないかと思うのだが、それぞれの考えでプレーしやすい形にした結果なのだろう。サッカーでも、「衣替え」は完全に死語になったようだ。

(2018年10月10日) 

No.1184 判断の速さが武藤雄樹の力

 台風24号が迫るなか開催された9月30日のJリーグ浦和×柏。FW興梠の才能あふれる2本のシュートが浦和に3−2の勝利をもたらしたが、浦和の全3得点を「アシスト」したFW武藤雄樹の活躍も見逃せないものだった。
 この試合、武藤は興梠との「2トップ」の一角として先発、0−1で迎えた前半38分に右サイドに流れてパスを受け、走り上がってくるMF長沢にタイミングを逃さずクロスを送って1点目を演出、3分後には興梠へのスルーパスで逆転ゴールを生みだした。そして2−2で迎えた後半36分には、左からのクロスをペナルティーエリア右で受け、正確なクロスを興梠に送って勝利をもたらした。
 3−5−2システムの2トップだったが、後半28分に右ウイングバックの橋岡に代えてFW李が送り出されると、以後武藤は右ウイングバックでプレーした。守備で柏のクリスティアーノに対応しながら、決勝点を生みだす攻め上がりを見せたのだ。
 仙台から浦和に移籍して4シーズン目。1988年11月7日生まれの武藤は、もうすぐ30歳を迎える。神奈川県中央部の座間市出身。横浜市の武相高校、茨城県の流通経済大学を経て仙台でプロになったのは、2011年のことだった。この年の開幕直後に東日本大震災。武藤は9月にJリーグ・デビューを飾る。
 だが武藤がその才能を開花させるのは、プロ5シーズン目の2015年に浦和に移籍してからだった。当時ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が指向していた高度なコンビネーションのサッカーにまたたく間に順応し、欠くことのできない選手になったのだ。浦和での活躍を認められて日本代表にも選出され、2試合に出場、2ゴールを決めた。
 身長170センチ、体重68キロ。強さやパワーの面では、Jリーグでも平均以下だろう。武藤の最大の「武器」は、労を惜しむことのない運動量と、何よりも判断の速さだ。
 パスを受け、ターンする。顔を上げ、状況を見る。そしてその瞬間には、正確なパスが出ている--。見てからプレーまでが異常に速い。見た情報が「脳経由」ではなく直接足に行くかのように見える。
 「体が小さいので、とくにプロになってから速い判断を意識してきた。判断を間違えなければ、ボールを奪われることはない」と武藤は語る。
 「判断とは見ること。見なければ判断はできない。ボールがくる前から周りを見て、相手の位置を確認する」
 その努力の積み重ねがプレーの速さにつながり、彼をチームにとって不可欠な存在にした。武藤雄樹は、サッカーに取り組んでいる少年少女たちに、スタジアムでぜひとも見てほしい選手のひとりだ。

(2018年10月3日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月