サッカーの話をしよう

No.1018 差別のないスタジアム、差別のない社会を

 「あの日」から1年が過ぎた。昨年3月23日、埼玉スタジアムで浦和レッズが「無観客試合」を強いられた日だ。
 Jリーグ史上かつてない厳罰の理由は、「差別的な内容の横断幕掲出」だった。以後浦和レッズは全力を傾けて再発防止に当たってきた。他のクラブも、神経をすり減らしてきたに違いない。
 スタジアムでの人種差別行為などあってはならない。しかしやっかいなのはプロのスタジアムだからこうした行為が起こるのではなく、その社会に差別を生み出す要因があって、スタジアムはその「はけ口」にすぎないことだ。そして現在の日本社会には差別を生み出す要因が十分ある。
 プロのサッカーの場での最初の人種差別行為は1909年のイングランドでのこと。トットナムのFWウォルター・タルに対し、ブリストル・シティのサポーターが侮蔑的な言葉を浴びせたのだ。
 タルはイングランド南東部のケント州生まれ。父は西インド諸島のバルバドスからきた大工だった。父方の祖母はサトウキビ・プランテーションの奴隷だったという。
 7歳のときに母をガンで、次いで9歳のときに父を心臓病で亡くし、褐色の肌をしたウォルターはロンドンの孤児院に預けられた。生まれもっての運動能力でサッカー選手としての頭角をあらわしたのは、この孤児院でだった。
 アマチュアチームを経て、1909年、21歳のときにロンドンの名門トットナムとプロ契約。そして9月にイングランド・リーグにデビューした。しかし7試合目に事件が起きた。ブリストル・シティとのアウェーゲームで差別的な罵声を浴び、クラブは彼をレギュラーから外した。
 当時のブリストルは王立造船所の建設で沸き、植民地から多くの労働者が集まっていた。タルへの罵倒は、急速な有色人種の増加への社会的ストレスが生んだものだった。
 その後タルはノーサンプトンに移籍。後にアーセナルで大成功するチャップマン監督の下で充実した選手生活を送った。そして1914年に第一次大戦が始まると陸軍に志願、英国陸軍で初めての有色の将校になるなどリーダーシップを示したが、戦争終結の8カ月前、1918年のきょう、3月25日に戦死した。
 選手として成功しただけでなく、人間としても手本になったタル。その人生は、人種や肌の色で人を差別することの愚かさを教えている。
 スタジアムでの差別行為をなくす努力だけでなく、差別のばかばかしさを広く社会に訴える積極的な活動が、Jリーグやクラブに求められている。観客がひとりもいないからっぽのスタジアムなど、二度と見たくない。

no1018_saitama.jpg

(2015年3月25日) 

No.1017 阿部勇樹の予感

 「右からボールが送られるのを見て、『こぼれてくる』と感じた」と、彼は話す。
 3月14日、Jリーグ第2節の浦和×山形、0-0のまま迎えた後半38分。終盤に向かって攻撃の圧力を高めていた浦和は、相手ペナルティーエリアの右角あたりからDF森脇がクロスを送った。落下点にはMF武藤。だが山形DF舩津が競り勝ち、ボールはペナルティーエリア外へ。ワンバウンドして落ちてくるところに走り込んだのが浦和MF阿部勇樹(33)だった。
 「バウンドしていたので浮かさないようにと、アウトサイドぎみでけった」(阿部)
 予感が冷静さを生んだ。リラックスした上半身。走り込んだスピードと全身の力のすべてがセカンドバウンドの上がりばなをとらえる右足に集約され、ボールは途中から浮き上がるように伸びてゴールネットに突き刺さった。
 16歳でJリーグにデビューし、たちまち市原(千葉)の中心選手となった阿部の才能に疑いはなかった。2004年のアテネ五輪を経て2007年に浦和に移籍、28歳で迎えた2010年にはワールドカップで上位進出の重要な役割を担った。大会後にはイングランドのレスターに移籍して1年半にわたってレギュラーとしてプレー、2012年のはじめに浦和に戻った。
 以後3シーズン、Jリーグでの欠場はわずか1試合だけだ。2013年の出場停止によるものだった。それ以外は全試合に先発し、途中交代もない。昨年は全34試合、2060分間休まずにプレーした。
 昨年、浦和はシーズン終盤に失速して掌中の優勝を逃したが、阿部のプレーからは鬼気迫るものさえ感じた。ボールを奪う力、展開する力。攻撃をサポートする力、そして「決める」力...。だが間違いなく最高クラスのプレーをしながら、シーズン終了から4日後、彼は考え込んでいた。
 「なぜもっとうまくできなかったのか、毎日毎日、自分に問い掛けているんです」
 2012年に浦和の監督に就任したミハイロ・ペトロヴィッチは、レスターから戻ってきた阿部を即座にキャプテンに指名した。サッカーに対する求道的なまでの姿勢を評価したからだ。その信頼は3年後もまったく揺らいでいない。
 普段は控えめで声も小さい阿部が珍しく険しい表情でサポーターのところに走ったのはことし3月4日、ACLのブリスベン戦の後。チャンスを生かせずに敗れた浦和に、ブーイングが起きたからだ。
 「まず1勝。それまでいっしょに戦ってほしい」。声をからし、懸命にそう訴えた。
 10日後の山形戦。イメージに描いたとおりにシュートが決まったのを見届けると、阿部はゴール裏のサポーターに向かって走り、こぶしを握った両手を突き上げた。

(2015年3月18日) 

No.1016 Jリーグに新しい風

 新しい風が吹き始めた。
 先週土曜日にJリーグが開幕。11年ぶりの「2ステージ制」が話題だが、それ以上にサッカー自体が変わり始めるのではないかという予感がする。その「触媒」は、J2から昇格した3クラブ、湘南ベルマーレ、松本山雅、そしてモンテディオ山形だ。
 3チームとも地方の小さなクラブ。予算規模はJ1平均の3分の1。年間約10億円はJ2の平均程度だ。当然、高年俸を必要とする有名選手がいるわけではない。その3クラブがJ2の激戦を勝ち抜いて昇格を果たした背景には、明確な哲学でチームを導く監督たちがいる。
 湘南の曺貴裁(チョウ・キジェ)監督(46)は就任4季目。「積極的にボールを奪いにいき、奪ったら縦に出し、追い越していく」というサッカーを追い求めてきた。絶対に妥協しない姿勢が筋金入りのチームを生み出した。
 初戦は浦和を迎えてのホームゲーム。立ち上がりから激しい動きで浦和のパスワークを許さず、満員のファンを沸かせた。前半24分に自陣から仕掛けた速攻は圧巻だった。
 奪ったボールを最前線にいたFW大竹に入れたところから始まった攻撃はあっという間に浦和の3人に対し4人になり、左MF菊池の外側を追い越してボールを受けたDF三竿がペナルティエリアにはいったときには6人もが浦和ゴール前に殺到していた。そして最後に走り込んだFW大槻がシュート。浦和DFの体に当たって先制点とはならなかったが、鳥肌が立つのを覚えるほどの速攻だった。
 松本の反町康治監督(51)も4季目。「ゴールに向かうスピード」を強調し、切り替えの速さ、考える速さを選手たちに求める。無名選手たちを鍛え抜いて長野県からのJ1初昇格を果たした。
 初戦はアウェーで名古屋と対戦したが、1万人ものサポーターが同行し、3-3というドラマチックな試合に酔った。一時は3-1とリードしただけに、反町監督は悔しさを隠さなかった。
 そして山形の石崎信弘監督(56)は就任2季目。「ハードワーク」を信条とし、「走ることでは絶対に負けない」と自信を語る。
 初戦は0-0から相手の仙台が退場で10人になったチャンスを見て攻め込んだが、猛攻実らず、カウンターから2点を失って0-2で敗れた。
 3チームに共通するキーワードは「走る」ことだ。最後まで落ちない運動量で、恐れを知らずに攻め上がる。
 勝負は厳しい。だがどんなに苦しい状況になっても、この3チームは下を向かず自分たちの哲学を貫くだろう。その姿勢がJリーグに新たな時代をもたらす予感がする。

(2015年3月11日) 

No.1015 ハリルホジッチと新しい交代

 読者におわびしなければならない。延長戦では4人目の交代を認めるというルール改正案について、先週の本コラムで自信満々「今回は可決される可能性が高い」と書いたのだが、先週土曜日の国際サッカー評議会(IFBA)では可決されず、いわば「継続審議」となったのだ。
 6月から7月にかけて女子ワールドカップがカナダで開催される。出場チーム数が従来の16から24に増え、決勝戦までの「ノックアウトステージ」も4試合に増えた。選手の負担を考えると、改正案は「朗報」と思ったのだが...。
 サッカーでは長い間選手交代を認めてこなかった。けが人が出たとき2人に限り交代を認めるとしたのが1956年。1人はGK限定(いつでも可)で、フィールドプレーヤーは前半が終わるまでの交代に限って認められた。65年に日本サッカーリーグができた当時は、まさにこのルールで開催されていたのだ。
 理由のいかんにかかわらず随時2人交代できることになったのは67年のルール改正。日本リーグでは68年から施行された。そしてそのままの形でJリーグ時代にはいり、95年に現行の「3人交代」となった。以後、試合中の監督たちは忙しくなった。
 さて、日本代表の監督問題もどうやら決着の方向に向かいそうだ。契約も近いと言われるバヒド・ハリルホジッチ氏(62)は昨年のワールドカップでアルジェリア代表を指揮し、「ラウンド16」でドイツを相手に延長戦まで互角に戦い抜いた。対戦相手ごとに、そして試合の状況により、自在に戦術を変えて対応するサッカーは世界を驚かせた。
 前任のハビエル・アギーレ氏(56)も非常に優秀な監督だったが、1月のアジアカップ(オーストラリア)では選手起用と交代の固定化に疑問を感じずにいられなかった。準々決勝まで先発メンバーはまったく同じで、交代もほぼワンパターン。4試合で使った選手はわずか16人。7人もの選手が出場できなかった。
 一方、ハリルホジッチ氏は昨年のワールドカップで「ラウンド16」まで毎試合先発を変え、結局4試合で20人の選手を使った。出場機会がなかったのはわずか3人。18人もの選手が先発機会を得た一方で、全4試合に先発したのはわずか3人だった。
 これでわかるのは、ハリルホジッチという監督が信頼するのは、特定の選手の才能や経験ではなく、選手たちの「戦う力(走りきる力)」であるということだ。何より大事なのは戦術を実践する運動量とコンディション。新監督は新しい「交代3人の使い方」を見せてくれるはずだ。

(2015年3月4日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月