サッカーの話をしよう

No.873 イスラム女性の情熱を止めるな

 「事件」が起こったのは昨年の6月3日。ヨルダンの首都アンマンでのことだった。
 女子ロンドン五輪アジア2次予選初日、ヨルダンとイランが日本の山岸佐知子主審を先頭に入場した。だが試合がキックオフされることはなかった。国際サッカー連盟(FIFA)の役員がイランの失格を宣言したのだ。
 女子イラン代表は、全員が頭部と首を「ヘジャブ」と呼ぶイスラム式のスカーフで覆っていた。それがルール違反と指摘された。
 イスラムの戒律では女性が顔と手の部分以外を人前にさらすことを禁じている。アジアのイスラム圏で女性のサッカーの試合が行われるようになって以来、長いジャージとヘジャブ姿は珍しいことではなくなった。真夏の試合では大きなハンディだが、それでもサッカーをしたいという女性たちがいるのだ。
 もちろん宗教は個々のもの。同じ国の同じイスラムの選手でもヘジャブをつけずに短パン姿でプレーする女性もいる。しかしその一方でイスラムの戒律をそのまま法律にしている国もある。そのひとつがイランだ。
 ヘジャブがたびたび問題にされるため、イランはこの予選前に新しいデザインのものを開発した。伸縮性の素材を用い、首と髪を同時に覆うことができる機能的なものだった。
 昨年のルール改正時に「引っ張られると危険」という理由により「ネックウォーマー」が禁止になった。イランの新型ヘジャブはそれに抵触するというのが、FIFA役員の解釈だった。ファッション感覚のネックウォーマー着用禁止はいい。しかしヘジャブが危険とはとても思えない。
 今週土曜(3月3日)にロンドン近郊のホテルで国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会が開催される。サッカーのルール改正を決める唯一の会議。その席上で、アジアサッカー連盟とFIFAでともに副会長を務めるヨルダンのアリ王子が「アジアの女子サッカー振興のため、ヘジャブ着用を認めてほしい」と要請する。
 20世紀前半には、ヨーロッパでも女子選手は帽子をかぶったままプレーしていた。それが社会の規範だった。
 世界の各地で、人びとは他の地域では想像もつかない種類の制約の下にいる。サッカーが「世界のゲーム」になったのは、どんな制約下でもプレーしたいという人びとの情熱のおかげだった。宗教の戒律に従いつつ、不便を忍んでなおサッカーをプレーしたいという女性たちの情熱を止めるのは間違っている。
 
(2012年2月29日)

No.872 計画的なイエローゲットにレッドカード

 ウズベキスタン代表5選手に厳しいペナルティーが科せられた。
 昨年11月15日のワールドカップアジア3次予選、タジキスタン戦で計画的に警告を受けたとして、国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会が5人に厳罰を下したのだ。
 昨年11月、予選の記録を見た瞬間、「やったな」と思った。
 ウズベキスタンは日本とともに2試合を残して最終予選進出を決めた。残るタジキスタン戦と日本戦は、いわば「消化試合」。そのタジキスタン戦で2点をリードした後半25分以降に5人の選手が次々と警告を受けた。いずれもそれ以前の試合で1回の警告を受けていた選手である。
 3次予選の警告は最終予選までもち越され、累積2回で1試合の出場停止となる。正直なところ、私も日本代表のDF今野泰幸に11月15日の北朝鮮戦で警告が出たらいいなと考えていた。10月のタジキスタン戦で警告を受けていたからだ。しかし今野はそんなことなど知らないようにチームの勝利だけを考えてプレーした。
 一方ウズベキスタンはDFムラジャノフ、MFトゥルスノフ、DFトゥフタフヤエフ、MFジェパロフ、FWガリューリンの5人が「カードゲット」に成功。事由がそろって時間の浪費だったことからも、試合の最後の20分間、彼らがUAEのアルザルーニ主審のポケットから黄色いカードを取り出させることに集中したことは明白だ。後半27分に交代ではいったジェパロフなど、まさに警告を受けるための出場だった。
 そして後半12分に警告を受けて累積2回になったFWゲインリクを含め6選手が来週の日本戦に出場停止。以後は「きれいな身」となる...はずだった。
 試合から2カ月、FIFA規律委員会は審判報告書やビデオ検証などでゲインリク以外の5人を「クロ」と断定した。日本戦だけでなく、最終予選の初戦も出場停止という厳しい処分である。
 UEFAチャンピオンズリーグでも、10年の終わりに同様の不正な行為をしたレアル・マドリード(スペイン)の2選手と、それを指示したモウリーニョ監督が処分を受けたことがある。
 警告の累積による出場停止はチームにとって頭の痛い問題。だが計画的にイエローカードを出させて出場停止となる試合を調整するという、サッカーと審判をバカにした行為をまかり通らせてはならない。イエローならぬ「レッドカード」を突きつけたFIFAの姿勢を評価したい。
 
(2012年2月22日)

No.871 カラー化進むサッカーシューズ

 66年ワールドカップ優勝のヒーロー、イングランド代表MFアラン・ボールが初めて白いサッカーシューズをはいてプレーしたのは、1970年8月のことだった。
 サッカーが生まれたころ、シューズは革そのものの茶色だった。20世紀にはいって黒が主流になり、ほどなく黒ばかりになって半世紀以上が過ぎていた。そこに現れた白いシューズは、当然、大きな話題となった。
 後発のサッカーシューズメーカーH社との2000ポンド(当時のレートで約173万円)の契約で白いシューズをはくことになったボール。しかしメーカーから届いた靴が気に入らず、はき慣れたA社の靴を白く塗って試合に出場したという。
 だが白いサッカーシューズが一般的になるには、この後、四半世紀もの時間が必要だった。90年代半ば、デビッド・ベッカムがはいてブームになった。そして21世紀にはいると一挙に「カラー化」が進んだ。黄色、赤、紫、緑、オレンジ...。いまやピッチ上は春の野原のようだ。
 シューズは、すね当てとともに選手が個々に調達するサッカー用具。しかもルール上では義務として身に着けなければならないとしか記載されていない。相手選手に危険のないものであれば、ほとんど制約はない。
 「僕らはみんな違うんだ」と主張したのは、ピンクのシューズで有名になったデンマーク代表FWニクラス・ベントナー。シューズの色でその選手の性格や「願望」を推し量る研究もある。
 その一方で、派手な色のシューズをはいたFWはハードタックルを受けやすいという説もある。その説を信じて黒に戻したのが、イングランド代表FWウェイン・ルーニーだ。
 2年ほど前、マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督は、ユース選手のシューズは黒以外認めないと宣言した。「おしゃれするのはプロになってからにせい!」ということらしい。彼に追随する指導者も少なくない。
 論争はあっても、カラー化の波は止まらない。メーカーの要請に従って、シーズンごとに色を変えるスター選手も珍しくない。
 5、6年前、私が監督をしている女子チームの選手の大半が白いシューズになっているのに気がついた。「靴の色よりプレーに集中しろ」とチクリとやると、間髪を入れず言い返された。
 「セールになっているのが、白ばかりなんだもん!」

(2012年2月15日)

No.870 スタジアム専用化の努力を

 20シーズン目を迎えるJリーグ。町田ゼルビア(東京)と松本山雅(長野)がJ2に昇格し、J1と合わせると全40クラブ。全国の6割強に当たる29都道府県にJクラブが存在することになった。
 20年前、Jリーグは8府県、10クラブだった。発足当時の熱狂はないが、プロサッカーはこの国に完全に根付いたと言える。
 J1が18クラブ、J2が22。サッカーにおいて大きな実力差がないことは、J2同士で争った天皇杯決勝戦で証明済みだ。だがそれでもJ1とJ2で決定的に違うものがある。スタジアムだ。J2では「専用化」が進んでいないのだ。
 J1では18クラブの3分の2の12クラブがサッカー(あるいは球技)専用スタジアムをホームとしている。しかしJ2では22クラブ中わずか6。27%にすぎず、残りの16スタジアムは周囲に400メートルトラックがついた「陸上競技場」なのだ。
 J1のホームスタジアムの平均収容数3万3713に対しJ2では2万0630。圧倒的に小さいわけではない。しかし試合の雰囲気は決定的に違う。観客席からピッチまでの距離が大違いなのだ。
 陸上競技場型だと、タッチライン側のスタンドからでも30メートルはある。ゴール裏からだと45メートルにもなる。専用スタジアムではどちらも10~15メートル程度。プレーを間近で見ることができるだけでなく、選手の足音、息づかいまで聞こえる。
 雰囲気の違いは、テレビ中継で決定的になる。プレーとともに観客席のファンの反応が映し出されるのが専用スタジアム。陸上競技場での試合だと、文字どおり「間」が抜けたものになってしまう。
 「74年大会で建設したスタジアムがすべて古くなってしまった。それを一新することも大会招致の目的」
 06年ワールドカップのドイツ開催に向け、ベッケンバウアー招致委員会委員長はこう語った。あまりに率直な話しぶりに驚いたが、真意は理解できた。
 日本と同様、スタジアムは自治体がもっているドイツ。74年「西ドイツ」大会で使用した9スタジアムのうち8つが陸上競技場型だった。だが06年大会では12のうち9つが専用型になっていた。真新しい専用スタジアムを生かして、ドイツのブンデスリーガは世界で最大の観客を集めるリーグとなった。
 短期間では不可能。だがスタジアム専用化への努力こそ、Jリーグの「次の20年」に向けての重要なキーワードに違いない。


no870_12-02-08用松本広域公園スタジアム.jpg
松本広域公園スタジアム
 
(2012年2月8日)

No.869 対角線審判法

 ワールドカップでも活躍した西村雄一主審が、Jリーグの試合前に奇妙なウォーミングアップをしているのを見たことがある。
 試合前、審判員もピッチに出てアップするが、通常はハーフライン上を往復して走りながら準備する。しかし副審とともにしばらく体を温めた後、西村氏はひとりだけでチームがアップする地域にはいっていったのだ。
 センターサークルあたりから斜めに左側のハーフの左コーナー付近まで行くと、中央に戻って今度は右側のハーフの左コーナー近くまで。ときにバックステップを入れ、また振り向きながら動く。試合で自分が使う「対角線」の上から、太陽の方向、スタンドの見え方などを確認していることがわかった。
 「対角線式審判法」は、主審と副審が協力して試合を見るために考え出された方法だ。主審はふたつの左コーナーを結ぶ対角線上を基本に動き、副審はハーフラインから右コーナーの間を往復する。これによって、ひとつのプレーを主審と副審ではさみ込むように見ることができる。
 サッカーの試合を3人の審判員で判定するようになったのは1891年のことだが、当初は副審はボールが外に出た場所を正確に示すために100メートルを超すタッチラインをフルに往復しなければならず、主審はただボールを追って動いていた。やがて2人の副審の動く範囲はハーフラインまでとなり、主審の動きも整理されていく。
 それを1930年代に「対角線式審判法」として整理し、確立したのが、スタンリー・ラウス(1895―1986)だった。審判引退後にイングランド協会の専務理事、国際サッカー連盟=FIFAの会長(62―74)を歴任した人だ。
 対角線式審判法は30年代の終わりにはイングランドで主流となり、10年ほどで世界中に広まり、定着した。
 といっても、主審は杓子定規に直線上を走るわけではない。プレーを常に片方の副審と両側からはさみ込めるよう、外側にふくらみながら動く。平たいS字型を描く動きだ。
 対角線を変えることもある。副審が走る場所の芝生保護のためだ。かつてイングランドでは、クラブの要請で前後半で対角線を変えていたという。
 対角線式審判法は、主審と副審の計4つの目で、しかも別方向からプレーを見て、より正確な判定を下すためのシステム。その合理性は、70年の歳月を生き抜いたという事実が十分証明している。


no869_12-02-01用対角線審判法_94年ワールドカップ_BG対SW.jpg
 
(2012年2月1日)

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月