サッカーの話をしよう

No.1178 『6+5』を譲るな

 「毎日50の新しいアイデアを考えつき、そのうち51が愚にもつかないもの」
 英国の名記者グランビル氏からそう揶揄されたのは、国際サッカー連盟(FIFA)のジョゼフ・ブラッター前会長である。しかしブラッター氏が提唱し、一時はFIFAがルール化した(わずか2年で廃止された)「6+5ルール」は、非常に重要な案だった。おそらく、「52番目」のアイデアだったのだろう。
 「クラブの試合では、その国の国籍をもち代表に選ばれる資格をもった選手が、先発メンバーに少なくとも6人はいなければならない」
 このルールは、クラブのサッカーはその国のサッカーの発展に寄与するものでなければならないという理念に基づいている。欧州連合の法律に反する可能性があること、何より欧州のビッグクラブが反対したことで葬り去られたのが残念でならない。いまではイングランドのクラブにイングランド人がひとりもいなくても誰も不思議に思わない。
 ところで、Jリーグでも国際化が進んでいる。8月19日の湘南×神戸では、神戸が先発で4人、交代で1人の外国籍選手を出場させ、一時は5人の外国人がピッチ上にいた。
 日本サッカー協会の規約では、1チームが登録できる外国籍選手は5人までで、そのうち1つの試合に出場できるのは通常3人までである。しかし現在のJリーグでは、外国籍選手3人に加えてアジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手1人、さらに提携国選手は制限なく出場できるというルールになっている。
 神戸の例でいえば、イニエスタ(スペイン)とポドルスキ(ドイツ)に加え、この日は出場しなかったブラジル人FWのウェリントンが「外国籍選手」にあたり、GK金承奎(キム・スンギュ=韓国)が「AFC枠」、そしてアフメドヤセル(カタール)とティーラトン(タイ)が「提携国選手」となる。現行のルールではこの6人が同時にピッチに立つこともできるのだ。
 提携国とは、Jリーグと提携を結んでいるリーグのことで、現在はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、インドネシア、マレーシアの東南アジア勢に加え、中東のカタールが含まれている。これらの国の選手は、「外国籍選手ではないものとみなす(Jリーグ規約第14条)」となっており、タイ代表選手を11人並べることも可能だ。
 Jリーグの設立の第一の目的は日本のサッカーを強くすることだった。その狙いは見事に成功し、日本代表は1998年以来6大会連続でワールドカップ出場を果たした。しかしその道がまだ半ばであるのは紛れもない事実だ。少なくとも「6+5」は譲ってはならない線ではないだろうか。

(2018年8月22日) 

No.1177 『過重労働』だったビデオ副審

 「過労死が出るのではないか」と心配になった。ロシアでのワールドカップでのビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)である。
 開幕戦でVARを務めたイタリアのイラティ氏が、翌日もポルトガル×スペイン戦の担当をしていた。開幕戦はモスクワ、翌日の試合は南へ1400キロも離れたソチ。ただイラティ氏は飛行機には乗らない。モスクワに置かれた放送センター内のVAR室が彼の仕事場だからだ。
 32チーム出場のロシア大会の総試合数は64。リストに掲載された主審は35人、副審は62人。それに対しVARはわずか13人。この大会では試合ごとに4人のVARが使われることになっていたから、どう考えても足りなかった。
 ただし4人の仕事は一様ではない。メインのVARのほか、アシスタントVAR、オフサイド専門のVAR、さらにサポートVARと役割が分担されていた。オフサイドVAR15人はすべて副審リストからピックアップされた。主審リストからも6人がVARを兼務し、全19人でオフサイド以外の3つの役割をこなした。これでひとり平均10試合ほどの担当になるはずだ。
 ところがその担当数に大きなばらつきがあった。開幕戦だけでなく決勝も担当したイラティ氏はVAR14試合、サポートVARを3試合、合計17試。オランダのマケリー氏も11試合と7試合で、合計ではイラティ氏を上回った。その一方、VAR専任として指名されながらメインのVARをいちども務めなかった審判員が13人中4人もいた。
 オフサイドVARのばらつきはさらに激しい。イラティ氏と組んで開幕戦と決勝戦を担当したチリのアストロサ氏はなんと18試合も担当した。
 大会期間は32日間。うち試合があったのは25日間。イラティ、マケリー、アストロサの3氏は、実にその約3分の2を狭いVAR室で10数台のモニターとにらめっこしていなければならなかった。ピッチ上の主審で最も多く試合で笛を吹いたのは開幕戦と決勝戦を担当したアルゼンチンのピターナ氏、5試合だった。
 VARは走る必要がなく、旅行も不要。試合は延長PK戦になっても3時間弱だ。しかしその間、一瞬たりともモニターから目を離すことは許されず、介入すべき事項かピッチ上の審判員に任せるべきか、瞬間、瞬間に判断を下し続けなければならない。VARは猛烈な精神的消耗を強いる仕事だ。それを短期間にこんな頻度で担当させるのは明らかに「過重労働」だ。
 失敗は許されなかった。だから「エースの連投」になったのだろう。だが大事な試合を任せられるVARがほんのひと握りしかいなかった事実が、ワールドカップで使うほどVARが成熟していなかったことの何よりの証拠だ。

(2018年8月15日)

No.1176 勝利を導くシュートブロック

 ロシアで行われたワールドカップで目立ったのが、「強豪」と言われたチームの予想外の苦戦だった。
 たとえば1次リーグの初戦でメッシを擁するアルゼンチンが初出場のアイスランドと対戦、26本ものシュートを放ったが、結果は1−1の引き分けだった。
 アイスランドの守備陣は、アルゼンチンがシュートに持ち込もうとするとその前に体を投げ出し、足を出して「ブロック」し続けた。その回数は10回にも及んだ。26本のうち9本はゴールの枠を外れたから、実際にアイスランドのゴールを脅かしたシュートは7本ということになる。
 国際サッカー連盟は、今大会から「シュートブロック」の数を公式記録に入れ、それもシュート数としてカウントするようになった。私の集計では、大会の総シュート数は1612本。うち4分の1強にあたる430本がブロックされた。1試合あたりチーム平均3.4本というところである。アイスランドの10本は異常な数字と言ってよい。
 「ブロック率」1位はスウェーデンの47.1%。際だった攻撃力があったわけではないこのチームが準々決勝に進んだ要因は、5試合で70本も打たれたシュートを33本もブロックした守備の力だった。
 一方、ブロック率が低かったチームは成績が悪かった。前回優勝から1次リーグ敗退という屈辱を味わったドイツは31本に対しわずか4本、12.9%という低さだった。10%台は9チーム。うち7チームが1次リーグ敗退だった。
 日本は平均を上回る28.1%(57本中16本)。相手のシュートをしっかりブロックできる守備組織が保たれていたことが、好成績の要因のひとつだったと言えるだろう。
 タックルは間に合わない。相手のシュートモーションに合わせ、ボールの前に足を投げ出して至近距離でシュートを止める...。ブロックの成否は、ボールをもった相手の動きに最後までついていけるかどうかにかかっている。敏しょう性だけでなく、読みの良さと決断力が必要だ。
 さらには、シュートする相手をマークする選手だけではブロックしきれない場合も多い。味方が抜き去られて決定的なピンチになったら、自分のマークを捨て、体を投げ出してブロックしなければならない。高い集中力のなかでポジションや体の向きの準備をし、その瞬間には考えることなく自然に体が動いているようでなければ間に合わない。
 得点がはいらないのはもどかしいかもしれない。しかしシュートブロックは高度な個人プレーであり、また美しいチームプレーでもある。守備の規律のあるチームだけが、ブロックで勝利を引き寄せることができる。

(2018年8月8日)

No.1175 1対1で仕掛けろ

 現代のサッカーでは、1対1の状況ではボールをもった選手のほうが有利とされている。だが日本選手は...。
    
 異例の早さで日本代表新監督の就任記者会見を行った日本サッカー協会。監督会見に先立ち、田嶋幸三会長と関塚隆技術委員長がワールドカップ・ロシア大会の総括と4年後に向けての課題を語った。
 従来はワールドカップの総括と分析を日本協会が発表するのは大会から半年近くたってだったから、就任会見だけでなく大会総括も「異例の早さ」だったことになる。
 そのなかで、関塚委員長は状況に応じた攻撃と守備ができていたと評価した。攻撃面では、ボールを奪ったらまずカウンターを狙う。それができないときにはしっかりパスをつなぎ、人数をかけた攻撃で相手ゴールに迫る--。
 田嶋会長と関塚委員長が話したように、総じて日本の戦いは見事だった。とくにベルギー戦は、日本サッカーの歴史に残る最高のパフォーマンスだった。しかしそうした試合のなかでも、日本サッカーの重大な「欠落部分」が見えていたように、私には感じられた。「1対1で仕掛ける姿勢」の希薄さである。
 とくに顕著なのがサイド攻撃だ。パスを受けたとき、日本選手は相手が1人立ちふさがっただけですぐに後ろを向き、バックパスしてしまう。このワールドカップでもそうした場面は頻繁に見た。相手にとっては縦に仕掛けられるのがいちばん怖いのに、勝負に出ないのだ。その結果、日本は相手にやすやすと守備組織をつくらせてしまう。
 こうした傾向が、日本代表だけでなく、年代別代表にも広範に見られ、若い代表ほどその傾向が強いのは、育成システムに問題があるからではないか。「賢い」選手をつくろうとするあまり、「自分のところではボールを失いたくない」というメンタリティーの選手ばかりになってしまったのではないか--。
 ボールを受けるときには、後ろを向くフェイントをかけていきなり前を向き、相手を抜き去るというプレーが最もチームのためになるのに、多くの日本選手は、前を向くフェイントをかけて後ろにボールを止める。相手選手には、後ろを向いた選手など少しも怖くはない。
 世界に対抗するには、私は何よりも日本のサッカーがよりアグレッシブ(積極的)にならなければならないと思っている。コンビネーションも大事だが、少しでもスキを見せれば果敢に前を向いて仕掛けてくるという「恐れ」を相手にもたせない限り、相手の守備に破綻は生まれない。
 森保監督の日本代表は、ぜひ果敢に1対1で勝負するチームになってほしい。

(2018年8月1日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月