サッカーの話をしよう

No.896 ジョック・ステインの生涯

 「ファンのいないサッカーは無に等しい」
 スタジアムの正面玄関前に設置された銅像の足元には、彼の言葉が彫られている。
 ジョック・ステイン(1922~85)はスコットランド史上最高の名監督。セルティックを率いてリーグ9連覇を果たすなど、13シーズンで25ものタイトルを獲得。英国のチームとして初の欧州チャンピオンとなった。
 炭鉱夫だった。ヒットラーが戦争を始めなければ、プロ選手にも監督にもなることはなかったかもしれない。週に5日は地の底で全身真っ黒になって働き、週末だけパートタイムプロとしてサッカーをプレーしていた。
 当時の英国では炭鉱夫は兵役を免除されていた。プロ選手が次々と召集されていくと、プロクラブでポジションを得た。頑健な体のセンターバック。戦後、ウェールズの小さなクラブでようやくプロになったのは、28歳目前のときだった。
 翌年、妻の希望でスコットランドに戻り、セルティックと契約。やがて主将となり「リーダーシップ」というそれまで隠されていた彼の最大の資質を示すようになる。そしてクラブに16年ぶりのリーグ王座をもたらす。
 足首のケガにより34歳で引退、監督としてセルティックに戻って黄金時代を築いた後、78年にはスコットランド代表監督に就任。そしてスコットランド代表監督として死んだ。
 1985年9月10日、スコットランドはワールドカップ予選最終戦をウェールズと戦った。アウェー、カーディフでの試合。立ち上がりの失点で苦しい試合となった。引き分ければプレーオフに進出、負ければ敗退だ。
 後半15分、監督ステインはチーム随一のスターであるMFストラカンに代えてFWクーパーを送り込んだ。攻撃力強化はわかるが、影響力の大きなストラカンを外すことに多くの人が疑念を抱いた。
 後半36分、相手のハンドでPKのチャンス。巨大な重圧のなか進み出たのはクーパーだった。その1点が、スコットランドを4大会連続のワールドカップ出場に導いた。
 だが終了直前、ベンチで立ち上がったステインが苦しそうな表情を浮かべて倒れた。すぐに更衣室に運ばれ、ウェールズのチームドクターも飛んできて治療に当たったが、数分後、マッサージ用ベッドの上で息を引き取った。心臓麻痺だった。
 「ファンのために命をかけて戦え」と選手たちに説き続けてきたステイン。その言葉どおりの死だったと、多くの人が思った。


no896_12-08-29用グラスゴー_セルティックパーク27.JPG
 
(2012年8月29日)

No.895 日本サッカーの未来像

 記事のなかでときどき大げさな表現をしてしまい、そのたびに反省する。だが今回書くことは違う。
 「ヤングなでしこのサッカーには、日本の未来がある―」
 日曜日に開幕したU-20女子ワールドカップ。20歳以下の女子選手による世界大会だ。それに出場している日本代表「ヤングなでしこ」。吉田弘監督が率いるチームのサッカーがものすごいのだ。
 現在の日本の代表クラスのサッカーは、男女の別や年代を問わず「パスワークとチームプレー」と表現することができると思う。
 「日本のサッカーを日本化したい」とイビチャ・オシムが語ったのは2006年7月。その何十年も前から、「日本のサッカーとは...」という議論が行われてきたが、2010年ごろには、明確なイメージとして「日本のスタイル」を語ることができるようになったのではないか。
 だが、パス、パス、パスのサッカーでは限界がある。そう考え始めていた矢先に見たのが、10年のU-17女子ワールドカップの日本代表だった。パスだけでなく、短いドリブルを多用し、それを実に効果的に使ったのだ。
 パスを受けてスペースがあれば迷わずドリブルに移る。そして相手が引きつけられた瞬間に次のパスを送る。短いドリブルがはいることでパスの効果が飛躍的に大きくなる。10年のU-17日本女子代表は、そんなサッカーで世界大会準優勝を飾った。そのチームの選手を主体にしたのが今回のU-20なのだ。
 そして開幕のメキシコ戦で、「ヤングなでしこ」たちは2年前よりさらに進化したサッカーを見せた。ポジションの別なく短いドリブルを織り込める能力はそのままに、スピードのある正確な縦パスという新しい武器を身に付けて攻撃の威力を倍加させたのだ。
 「世界をリードするサッカーを見せたい」と語る吉田監督だが、このチームのサッカーはすでにあらゆる年代の男女日本代表が進むべき方向性を示している。日本のサッカーの「明日」は、間違いなくこの「ヤングなでしこ」のなかにある。
 先週日曜のメキシコ戦(4-1の勝利)を見逃した人は、ぜひ今夜のニュージーランド戦(午後7時20分キックオフ)を見てほしい。そして機会があれば、大会中にスタジアムを訪れ、「日本のサッカーの未来像」を確認してほしい。
 繰り返し言うが、これはけっして大げさな話ではない。
 
(2012年8月22日)

No.894 ロンドン・ジャパニーズFC

 8月12日の朝、ロンドン在住のジャーナリスト原田公樹さんに誘われて西ロンドンの公園に行った。
 ロンドン五輪最終日、都心は男子マラソンの観戦客でごった返していたが、住宅地の中の公園は犬を連れて散歩する人が2人、3人といるだけ。静かな日曜の朝だった。
 三々五々集まってきたのは日本人のサッカー選手たち。この日はロンドン・ジャパニーズFC(通称ロンジャパ)の練習日。20人ほどになると、広大な芝生の一角にマーカーコーンでピッチをつくり紅白戦が始まった。
 「ロンジャパ」は1983年創立、29年の歴史をもつ。日本サッカー協会の国際委員をしていた伊藤庸夫さんを中心にいろいろな会社の駐在員で結成された。現在ロンドンには日本人サッカークラブが7つほどあるというが、老舗クラブとして異彩を放っている。
 昨年は、市内に住む外国人チームを集めた「インナーシティ・ワールドカップ」で銅メダルを獲得、「聖地」ウェンブリー・スタジアムで行われた東日本大震災の復興支援試合にも出場した。
 現在の登録選手は35人。監督兼任の渋谷英秋さんの59歳を筆頭に16歳まで、年齢も職業も雑多だが、毎週日曜の午前中にきれいな芝生の上でサッカーをし、そのあとパブに繰り出してわいわいがやがやとやるのが大好きな人ばかりだ。
 「活動の中心は親善試合で、年間40試合もこなしたことがありますが、練習もしたいので、いまは半々にしています」と、クラブ創設年からのメンバーで、92年から監督を務める渋谷さん。
 「ロンドン市内にはこのように自由に使える公園がいくつもあります。僕らがここを練習場に選んだのは、都心の公園と比べると競争がほとんどなく、駐車にも困らないからです」という「北アクトン・プレーイングフィールズ」は、10万平方メートル近く、サッカーのピッチが優に8面は取れる広さがある。
 「駐在員だと2、3年しかいない人が多いのですが、その代わりOBは29年間で1000人にもなり、世界中に散らばっています。同時期にここでプレーしていなくても、世界のあちこちでOB同士の交流が行われています。日本にはOBのチームもあるんですよ」
 大都会ロンドンの豊かなスポーツ環境にため息をつきつつ、サッカーという競技が世代を超え、国境を超えて人びとを結び付ける力をもっていることを改めて感じた。


no894_12-08-15用ロンドン_24.jpg
 
(2012年8月15日)

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月