サッカーの話をしよう

No.1172 ロシアの誇り

 明日、ワールドカップ2018ロシア大会が開幕。開幕戦にホスト国ロシアが登場する。しかし残念ながらロシア代表の評価は高くない。国際サッカー連盟(FIFA)のランキングで今大会出場チーム中最低の70位。国際的なスターもおらず、やや寂しい。
 しかしロシアには輝かしいサッカーの歴史がある。そのシンボルが、今大会の公式ポスターに描かれたひとりのゴールキーパー(GK)だ。
 レフ・ヤシン(1929-90)。50〜60年代に活躍し、63年にはGKとして初めて、そして現在にいたるまでただ一人、「バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)」を獲得し、世界でも歴代最高のGKと言われている。黒一色のウェアから「黒クモ」の愛称で敬愛された。
 ロシアへのサッカー移入は帝政時代の1887年。モスクワの東50キロにあるオレホボズエボという小さな町の「モロゾフ綿紡績工場」の英国人経営者が社員にプレーさせたのが始まりだった。サッカーはやがてモスクワと首都サンクトペテルブルクで盛んになり、1912年にはストックホルム五輪出場のためにサッカー協会も設立された。
 第一次世界大戦と革命を経て、ロシア帝国はソビエト連邦となる。そして独裁者スターリンの方針により、ソ連代表は国際舞台出場の道を閉ざされる。ようやくFIFA加盟を果たすのは、第二次大戦後の1945年のことだ。
 だがこの長いブランクの時代に、ソ連のサッカーは発酵するように国内の競争が激化し、レベルを上げていた。1952年に国際舞台への復帰を果たすと、1956年メルボルン五輪優勝、1958年には初出場のワールドカップでベスト8。1960年に欧州選手権を制覇、1966年ワールドカップでは4位にはいった。1954年以来ソ連のゴールを守り続けたヤシンは、そのすべての栄光の原動力だった。
 錠前師の家庭に生まれ、労働者として一生を終わるはずだった。運命の変化は18歳。軍需工場のチームで認められて強豪ディナモ・モスクワにスカウトされた。ポジション獲得まで5年を要したが、いちどゴール前に立つとディナモに数多くの栄光をもたらした。サッカーで名をなす前には、ディナモのアイスホッケーチームのGKとして国内カップ優勝も経験している。
 類いまれな反射神経を生かしたセーブ(生涯で151本ものPKをストップした)だけでなく、ペナルティーエリアを出て組み立てに参加するスタイルは、数十年も時代を先取りしたものだった。
 彼は20年間の現役生活を通じてディナモで過ごした。このクラブこそロシア・サッカーの源流「モロゾフ綿紡績工場」の後身であることは、偶然ではないような気がする。

no1172.jpg

(2018年6月13日) 

No.1171 to be, or not to be

 「32か48か、それが問題だ...」というところだろうか。
 来週水曜日、ワールドカップ開幕の前日に、国際サッカー連盟(FIFA)がモスクワで第68回総会を開く。
 最大の関心はワールドカップ2026年大会のホスト国決定だ。アメリカを中心とした北米3カ国の共同開催か、モロッコの単独開催かが、およそ半世紀ぶりに総会投票で決められる。
 だが私は、それに先だって審議される事項のほうが気になっている。南米サッカー連盟の提案による2022年大会の「拡大案」だ。ことし4月に急に話が持ち上がり、総会の審議事項となった。
 昨年、FIFAは2026年大会からワールドカップ出場チーム数を従来の32から48にすることを決めた。総試合数が64から80へと増え、大幅な収益増につながるという計算だった。北米3カ国の共同開催案が有力視されているのは、都市数の少ないモロッコでは80試合開催は難しいからだ。
 南米の提案は、それを「8年後」ではなく「4年後」に前倒ししようというもの。2022年大会は中東のカタールで11月から12月にかけて開催されるが、カタールは実質的に首都ドーハ1都市の国。すでに招致活動時の計画を3分の2に縮小し、8スタジアムでしか建設計画が進んでいない。当然、「80試合はとても無理」と難色を示している。
 かといって、近隣のUAEやサウジアラビアとの共同開催も難しい。現在、カタールは政治的にアラビア半島で孤立状態にあるからだ。
 もちろん、48チーム制なら予選は非常に楽になる。2026年大会のアジア枠は8。現在の4.5枠と比較すると大幅にチャンスが広がる。だが2022年への前倒しどころか、2026年以後も現行の32チーム制のままにするべきだと私は思う。
 1930年に第1回大会が開催されたワールドカップ。48年後の1978年大会までは16チームの大会だった。この大会で初めてエントリーが100カ国を超え、続く1982年大会は24チームに拡大された。4チームずつ6組。1982年大会には12チーム(3チーム×4組)の2次リーグが行われたが、1986年大会以降はノックアウトステージに3位まで進むことができ、グループリーグの緊張感が大幅に落ちた。それが1998年大会から32チームになったことで、すっきりとした形となった。ことしのロシア大会のエントリーは209カ国。32チームはけっしてアンバランスではない。
 48チーム制では3チームずつ16組となる。3チームのリーグ戦には、日程上大きな不公平がある。そしてあまりの試合の多さに、世界の関心を集めるのはごく一部の試合だけになるだろう。ワールドカップの魅力は大きく減殺されてしまう。48チーム制は、収益増に目がくらんだFIFAのまさに「自殺行為(not to be)」だ。

(2018年6月6日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月