サッカーの話をしよう

No.1042 クラマーさんの90分間

 「日本サッカーの父」という表現は、世界的にも知られている。9月17日に亡くなったデットマール・クラマーさんは、まさに「サッカーを生きた人」だった。
 日本での功績や残した言葉は、先週土曜のコラムで財徳健治さんが紹介してくれた。指導者養成のコースで回った国が90カ国。重い病気にかかりながら90歳までもちこたえた。「90」という数字が重なるのは、いかにもクラマーさんらしい。その業績を「90分間」の試合に例えてみたい。
 1925年4月4日、ワイマール共和国(当時)のドルトムント生まれ。クラマーさんの「試合序盤」は戦争だった。落下傘兵としてイタリアやソ連との戦闘に従軍し、捕虜も経験した。
 20歳すなわち「前半20分」で終戦、プレーを再開したものの、まもなく膝を痛めて引退。「23分」に西ドイツサッカー協会のコーチとなる。一時は報道の仕事もしたが、東京五輪に向けて優秀な指導者を探していた日本サッカー協会と「前半35分」に出合う。
 その仕事は、「39分」のアルゼンチン戦勝利、「43分」のメキシコ五輪銅メダルにつながる。「39分」には西ドイツ代表の助監督にも就任し、「41分」でワールドカップ準優勝を経験している。
 「前半42分」から「後半4分」にかけては国際サッカー連盟(FIFA)と契約し、世界中で指導者養成コースを開催する。その花は、20世紀終盤の世界のサッカーの隆盛となって結実する。
 「後半4分」に短期間アメリカ代表監督を務めた後、しばらくクラブチームの監督として活動、5分、6分にはバイエルン・ミュンヘンを2年連続で欧州チャンピオンズカップ優勝に導いた。「後半15分」以後はマレーシア、韓国(五輪代表)、タイで指導に当たり、「後半32分」に現場から身を引く。しかしもちろん、サッカーとのつながりは試合終了まで続く。
 私が初めて単独でインタビューをしたのは「後半35分」のこと。2006年1月2日。1時間の約束だったが、クラマーさんは私が発した3つの質問だけで2時間話し続け、「最後にひとつだけ」とフェアプレーについて聞くと、さらに1時間近く熱弁をふるった。
 「日本代表で指導を始めたころ、毎日のように選手たちとフェアプレーに関するディスカッションをした」という話に強い感銘を受けた。クラマーさんは「フェアプレーの父」でもあった。
 「タイムアップの笛は、次の試合のキックオフの笛」。財徳さんも引用した言葉だ。
 「90分間」を戦い終えたクラマーさん。いまごろは、天国で新たなキックオフを迎えているに違いない。

(2015年9月30日) 

No.1041 トリックCK

 アメリカのプロリーグMLSで、あるコーナーキック(CK)が話題となっている。
 8月26日にシカゴで行われたシカゴ・ファイア対ニューヨーク・レッドブルズ。後半4分に右CKを得たニューヨークは、MFサムがコーナーアークにボールを置いてその場を離れた。寄ってきたMFクジェスティンがキックするかと思ったら、彼は突然ドリブルを始める。そしてシカゴの選手たちが混乱してマークを見失った瞬間に中央にパス、DFズバーがやすやすとゴールにけり込んだ。
 あぜんとするシカゴの選手たち。しかしチャプマン主審は得点を認めた。サムはコーナーから離れる前に左足裏でボールに触れ、アーク内ながら少し動かしていた。そのプレーですでにインプレーになっていたという判断だった。
 全17条のサッカールール。その第17条にCKに関する規定がある。「(ボールは)コーナーアークの中に置かなければなら」ず、「けられて移動したときにインプレーとなる」。少しでも動けばいい。半径1メートルのアーク(4分の1円)から出なくてもよい。
 ところがこの判定にMLSのプロ審判組織から異議が出た。「サムは2回キックしている」というのだ。たしかにVTRを見ると、サムは足でボールをセットした後、右足の裏で触れて少し動かし、さらに左足の足裏でボールを動かしている。第17条には「他の競技者がボールに触れるまで、キッカーは再びボールをプレーしてはならない」という規定もある。違反すれば相手方の間接フリーキックだ。
 得点を認めたチャプマン主審と「サムの2タッチ」を見逃したコンリー副審は当然批判にさらされることになる。この得点で2-2。振り出しに戻ったのだが、後半28分にシカゴが決勝点を奪ったことがせめてもの救いだった。
 実はこのトリックCK、ニューヨークの発明ではない。2009年にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のルーニー、ギグス、クリスティアノロナウドのトリオがチェルシー戦で成功させている。ただルール上は文句のつけようのないこのCKをウェッブ主審は認めず、やり直しを命じた。
 アイデアを出したのは当時のユナイテッド監督ファーガソン。1960年代にセルティックが成功させたのを見たという。彼は「いつかこのCKで得点を」という執念に似た夢をもっていたらしい。
 今季のJリーグでは、平均すると1試合に10本ほどのCKがある。しかし得点につながるのは10本に1本もない。守備側の組織が格段に良くなったためだ。こんなトリックを使いたくなるのも、そうした背景があるからだろうか。

(2015年9月16日) 

No.1040 U-22強化に日程見直しを

 いまとても気掛かりなのは来年のリオ・オリンピックを目指すU-22日本代表だ。来年1月の最終予選(カタール)に向け、十分な強化試合ができない状態だからだ。
 オリンピックは、これまでの日本代表の強化の重要な要素となってきた。
 1998年以来、日本は5大会連続でワールドカップに出場してきた。その背景には1996年のアトランタ大会で始まったオリンピックの連続出場がある。2000年シドニー、2004年アテネ、2008年北京、2012年ロンドンと、成績に関係なくオリンピックがワールドカップへの貴重な準備となってきた。
 ワールドカップ5大会の延べ登録選手114人の過半数の59人がオリンピック出場の経験者。その数は1998年大会の5人から大会ごとに増え、2014年ブラジル大会では23人中16人、実に7割にものぼる。4位という好成績を収めた「2012年ロンドン組」(7人)だけでなく、3連敗だった「2008年北京組」も8人いた(DF吉田麻也は両大会に出場)。オリンピックで「世界」との距離を知ることがワールドカップにつながっているのだ。
 ところがリオを目指す今回は、ことし3月に1次予選を戦った後、U-22日本代表の強化試合は7月1日のコスタリカ戦ひとつだけで、今後最終予選まで1試合の予定もない状況だ。手倉森誠監督は8月に4日間のトレーニングキャンプを実施し、J2の京都と練習試合をしたが、国際試合とは「濃厚度」が違う。ハリルホジッチ監督率いるA代表はことし後半だけで6試合もこなす。だがU-22の国際試合は組めないのだ。
 日本のサッカーも近年は日程が非常に込んできて、隙間がほとんどない。2試合ずつ組まれるA代表の活動日にはJ1は行わないが、ナビスコ杯や天皇杯の試合が組まれている。A代表選手なしで戦わなければならないクラブにとって、オリンピック年代の選手も抜かれたら試合にならない。しかしオリンピックのための強化の時間が取れるとしたら、ここしかない。
 ワールドカップや地域連盟選手権(アジアカップなど)を除くA代表の活動期間は国際サッカー連盟(FIFA)が定め、毎年4ないし5回、9日間ずつ設定されている。この期間のクラブの試合を完全に休みにすれば、オリンピック代表の国際試合も、海外遠征を含めて入れることができる。うまく日程を組むことができれば、ナビスコ杯や天皇杯自体もフルメンバーの試合となり、価値も上がる。
 残念だがリオ大会への強化には間に合わない。しかし日本サッカーでのオリンピックの重要度を踏まえ、日本協会とJリーグが協力して日程の根本的見直しを図るべきだ。

(2015年9月9日) 

No.1039 成長が勢いを生む

 「勢い」という言葉でスポーツを語るのを、私はあまり好まない。
 勝利のために必要なのは、しっかりとした準備を背景にした「地力」であり、それを発揮するための規律であり、そして粘り強い精神であると信じているからだ。「勢い」も力になるが、それだけで勝ち抜くことはできない。
 だがしかし、あまりに「勢い」がないのも困る。バヒド・ハリルホジッチ監督が率いる現在の日本代表だ。
 明日9月3日のカンボジア戦(埼玉スタジアム)を皮切りに、日本代表は「秋の陣」に突入する。11月まで毎月2試合、3カ月間で計6試合。そのうち5つはワールドカップのアジア第2次予選という重要な試合だ。
 ところが6月にシンガポールと引き分けて以来、8月の東アジアカップでは1分け2敗と、日本代表は4試合も勝利がない。就任時に「ことしは全勝だ」と強気だったハリルホジッチ監督も、このところ愚痴や言い訳ばかりだ。
 原因は代表選手たちの「勢い」のなさにある。
 4年半前、ザッケローニ監督の下でアジアカップを制したころには伸び盛りの選手が何人もいた。本田圭佑も香川真司も長友佑都も20代前半。成長途上で、欧州で名が知られ始めたころだった。岡崎慎司はドイツに渡ったばかり。猛烈な勢いで「無名選手」から成り上がろうとしていた時期だ。そんな存在がいまの日本代表に何人いるだろうか。
 チームの「勢い」とは、成長を見せているときだ。そしてチームの成長とは、個々の選手の成長にほかならない。成長中の選手が何人もいれば相乗効果が生まれ、個々の成長も加速する。自然に、チームにも「勢い」が出る。
 ところが2013年の半ばを過ぎると伸び盛りだった選手たちが成熟期を迎え、それぞれ欧州のビッグクラブで活躍して経験は増えたものの、伸び率は鈍化した。ザッケローニは果敢に若手を注入したが、彼らは本田や香川のようには伸びてくれなかった。その状況がいまも続いているのだ。
 ことし3月、「緊急事態」にハリルホジッチが就任してチームは一時的に活性化したものの、6月以来、以前にも増して「勢い」のない状態になってしまった。2次予選と言っても心配な状況だ。
 この状況を打破するには、若手が物おじせずに挑戦し、自らチームを牽引する気概を示す必要がある。そして同時に、これまで日本代表の中心となって活躍してきたベテランたちも、自らを鼓舞し、もういちど成長への意欲をかきたてなければならない。
 明日からの「秋の陣」で、選手たちの「成長する力」を見たい。  

(2015年9月2日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月