サッカーの話をしよう

No.805 いっしょに立ち向かおう

 示されたロスタイムの5分間はとっくに過ぎていた。スコアは1-1。アマチュアのリヒテンシュタインを相手に、古豪スコットランドは苦しんでいた。
 右からのFKもクリアされる。だが左CKだ。急いでコーナーに走っていくDFロブソン。その左足から送られたボールが、走り込んだDFマクマナスの頭にぴたりと合い、ゴールの右隅に吸い込まれていった。
 最悪の結果を覚悟していたレベイン監督だったが、その瞬間、跳び上がり、隣にいたコーチと抱き合って、思わずかけていたメガネを落とした。足元に落ちたメガネを拾いながら、彼の脳裏をひとつの言葉がよぎった。
 「WE STAND TOGETHER(いっしょに立ち向かおう)」
 ワールドカップをはじめとした主要大会に21世紀になってから出場できていないスコットランド。この9月、12年ヨーロッパ選手権の予選が開幕するのを前にキャンペーンを始めた。協会だけでなく、ファンやメディアも力を合わせて目標を達成しようという思いを込めたのが、右のスローガンだった。
 奇しくも同じ時期、ベルギーでもよく似た趣旨のキャンペーンが発表された。こちらのスローガンは「みんながチームの一員(WE ARE ALL PART OF THE TEAM)」。言葉は別でも、意図するところは驚くほど共通していた。
 南アフリカで開催されたワールドカップを見た人であれば、多くの試合で勝負を分けた要因が「団結」の力の差だったことを感じ取ったはずだ。日本の好成績はまさにその力だったし、南米勢がベスト8に4チームも残ったのも、全員がチームの勝利だけを考えてプレーした結果だった。
 技術でも戦術でも、まして選手の名声や所属クラブの格でもない。心からひとつにまとまることができれば何かを成し遂げることができるという事実は、多くの人や国に勇気を与えたに違いない。
 スコットランドやベルギーはそのほんの一部に過ぎない。アフリカはもちろん、アジアでも多くの国で4年後のワールドカップを目指した「チーム一丸」の取り組みが始まっているはずだ。南アフリカ大会はもう歴史のひとコマに過ぎない。日本も遅れをとることは許されない。
 「97分」の劇的な決勝ゴールで勝ち点3を得たスコットランドは、ヨーロッパ選手権2012を目指す予選第9組で首位に立った。
 
(2010年9月29日)

No.804 リトルなでしこにヒントあり

 今月、最も強い衝撃を受けたのは、日本代表でもチャンピオンズリーグでもなかった。カリブ海の島国で開催中の世界大会でのU-17日本女子代表の試合ぶりだった。
 トリニダードトバゴで9月5日に開幕したFIFA U-17女子ワールドカップ。日本はグループリーグ初戦でスペインに1-4の完敗を喫したが、その後ベネズエラとニュージーランドに連続して6-0の大勝。2位で決勝トーナメントに進んだ。そして準々決勝ではアイルランドに2-1で競り勝った。
 同じアジアの北朝鮮を相手にした準決勝は日本時間できょう22日の午前8時キックオフ。本稿締め切り時点では結果はわからない。だが結果はどうあれ、今大会の「リトルなでしこ」のプレーが日本サッカーの未来に与える示唆は重要だ。
 U-17日本女子代表は2年前のニュージーランド大会でもセンセーションとなり、FW岩渕真奈が大会MVPに選ばれた。しかし今回はチーム全体がさらにレベルアップし、破壊力を増した。
 チーム全員での攻撃と守備、切り替えの速さ、コンビネーションと助け合いは、日本サッカーの定番。それに加え、今回は個々の圧倒的なキープ力と「つなぎのドリブル」というこれまでにない武器をもっている。
 たとえ2人、3人の相手に囲まれてもあわてず、なんとか切り抜ける技術。そして何よりも、自分の前にスペースがあれば果敢にそこにはいっていくドリブルが圧巻だ。パス、パスではなく、間に短いドリブルがはいるから、相手の守備は引きつけられ、周囲の味方がフリーになり、次のパスが効果的になる。
 次々と強烈なシュートを叩き込んでいるFW横山久美の活躍も、こうして執拗(しつよう)なドリブルとパスで相手の守備のバランスを崩した結果、生まれたものだった。
 集団での攻守とパスワークは日本が世界と戦うときの重要な要素だった。しかしことしのワールドカップ南アフリカ大会では、多くの国がそれをベースとし、その上にそれぞれの国の特徴を打ち出していた。では今後、日本はどんな特徴で勝負しようというのか。
 その大きなヒントが今回の「U-17女子」にあるように思う。ドリブルで攻め崩すということではない。局面を打開し、相手を引きつけるドリブルを有効に使える選手をそろえることで、積み上げてきた「日本のサッカー」が一挙に花開くのではないだろうか。

(2010年9月22日)

No.803 楽しみなアジアカップ2011

 新監督も決まり、ワールドカップ後の活動を2連勝でスタートした日本代表。次回のワールドカップ(14年ブラジル大会)を目指すアジア予選は来年9月に始まるが、その前に重要な大会がある。アジア王者を決めるアジアカップ決勝大会だ。
 4年にいちど、現在ではワールドカップの翌年に行われているアジアカップ。来年は1月に中東のカタールで開催される。
 前回、07年に東南アジア4カ国の共同開催で行われた大会で、イビチャ・オシム率いる日本代表は圧倒的な力を見せたが、準決勝でサウジアラビアに敗れて4位にとどまった。今回はそれを上回り、4回目の優勝を目指したいところだ。
 1956年に第1回大会が行われたアジアカップ。日本は68年大会で初めて予選に出場し、20年後の88年にようやく決勝大会初出場を果たした。だが1分け3敗、得点0失点6という惨敗。強豪国のナショナルチームが集まる大会に、いろいろな事情で大学生中心のチームを送らなければならなかったからだ。
 初めて本格的に力を入れて参加したのは92年広島大会。3連覇を目指すサウジアラビアを下して初優勝を飾ると、2000年レバノン大会、04年中国大会も制覇し、イランとサウジアラビアに並んで優勝3回となった。
 さて来年の決勝大会は日本の大学選抜が惨敗を喫した88年大会以来23年ぶりのカタールでの開催。16チームが参加し、1月7日に開幕、29日に決勝戦という日程だ。日本はB組にはいり、ヨルダン、シリア、そしてサウジアラビアと対戦する。
 ヨルダンは04年大会の準々決勝で対戦し、1-1からGK川口能活のスーパーセーブ連発で奇跡のPK戦勝利を得た相手。FIFAランキング98位とはいえ、甘く見ることはできない。シリアもアジアの舞台ではクラブの活躍が目立っている。
 だが最大の難関は何と言ってもサウジアラビアだろう。5大会連続のワールドカップ出場を逃して以来、ポルトガル人のペセイロ監督が大幅に若返りを断行、ことし5月にはスペインに2-3という奮戦を見せた。
 1月のドーハは最高気温が20度に達せず、試合が行われる夕刻から夜にかけては10度を切るという。ヨーロッパのクラブに所属する選手を呼ぶことができるか、シーズン終了直後でコンディションはどうか、いくつも心配はあるが、同時に、ザッケローニ監督がどんな手腕を見せるか、楽しみも大きい。
 
(2010年9月15日)

No.802 真夏の大会再考を

 きょう9月8日は旧暦では8月1日。古い言葉で「八朔(はっさく)」という。早生のイネが実り始める時期にあたり、米作を生活の基本とする日本社会では古来いろいろな行事が行われてきた。
 また八朔は、豊臣秀吉から関東地方を与えられた徳川家康が1万人の軍団を率いて江戸に入城した日(1590年)としても知られている。その日の江戸は、秋の長雨にたたられ、肌寒い日だったと言われている。
 ところがどうだろう。それから420年後の八朔は、凶暴なまでの暑さのさなか。数日前、昼すぎにキックオフされた試合を取材したが、あまりの日差しの強さに危険な感じさえ受けた。
 ことしだけではない。ここ十数年、日本の夏は毎年暑く、そして長くなっている。四季の変化はあるものの、日本の夏が「熱帯級」になってきたことは間違いない。
 だが文字どおり炎のような太陽の下、相変わらず数多くの大会が開催されている。そして当然の帰結として、熱中症で倒れるプレーヤーが跡を絶たない。プレーヤーだけではない。レフェリーも応援の人々も、危険と紙一重のところでスポーツとかかわっている。
 日本の夏はサッカーに適した時期とは言い難い。少なくとも炎天下での試合は避けるべきだ。ところが日本サッカー協会自体が、真夏の大会を、しかも小学生から高校生年代の大会を数多く主催している。事故が起こらないよういろいろ工夫しているのだろうが、根本的に危険を回避するには、炎天下の試合をなくす以外にない。
 この時期に大会を行うなら、専門家の意見を聞き、たとえば日没2時間前以前のキックオフはしないなどの指針を示すべきではないか。きょうの東京の日没はちょうど午後6時。試合をするなら午後4時以降ということだ。これなら熱中症の危険性は小さくなる。
 必然的に多くの試合が夜間開催となる。照明設備が必要なうえに電力費もかかる。グラウンドを所有している自治体などにお願いしなければならないが、粘り強く必要性を説いて理解してもらうしかない。場合によっては簡易照明装置の開発や臨時照明装置のレンタルなど、技術的なサポートも必要になるかもしれない。
 大会実施可能な日程の少なさを含め、いくつも難しい問題はあるだろう。しかし「プレーヤーズ・ファースト(選手第一)」の原則に立てば、結論は自ずから明らかなはずだ。
 
(2010年9月8日)

No.801 天皇杯90年目の開幕

 8月29日午後、カシマスタジアムに隣接する人工芝のグラウンドで試合をしていたら、スタジアムから突然サポーターの歓声が響いてきた。天皇杯茨城県予選、流通経済大と筑波大の決勝戦だった。
 来年元日に決勝戦が行われる天皇杯全日本選手権。その都道府県予選の決勝47試合のうち実に42試合が、残暑というには厳しすぎる暑さのこの週末に行われた。予選を勝ち抜いた47の代表は、喜びに浸る間もなく、9月3日金曜日の1回戦に臨むことになる。
 日本サッカー協会が誕生した1921(大正10)年に第1回大会が行われた天皇杯。90年の歴史をもつ大会は、世界でもそう多くはない。元日に行われる決勝戦は、Jリーグが始まる20年以上も前から、毎年何万人もの観客を集めてきた。
 出場88チームがノックアウト方式で戦う。J1=18、J2=19、計37のプロクラブに、JFL上位3チーム、大学1チームがシードされ、残り47チームは各都道府県の予選を経て選出された代表だ。
 今大会には新しい試みがある。第一に、昨年まで3回戦から登場していたJ1クラブが2回戦から登場すること。第二に、可能な限りながら、1回戦を隣接する都道府県代表同士の対戦とし、J1やJ2上位クラブの2回戦の相手を、その地元代表としたことだ。
 たとえば、カシマスタジアムで劇的な逆転勝利を収めて茨城県代表の座を手にした流通経済大は、「隣県」とは言えないながら同じ北関東の群馬県代表・アルテ高崎と1回戦を戦い、勝てば9月5日にカシマスタジアムに戻ってJリーグの王者アントラーズに挑戦することができる。
 「1回戦と2回戦の間が中1日というのは本当に申し訳ないのですが、プロクラブにそのホームスタジアムで挑戦できるのはアマチュアにとって大きな刺激になると思います」(大会実施委員会・佐々木一樹委員長)
 最近はアマチュアチームにも熱心なサポーターがいる。人数は少なくても、プロクラブのサポーターを相手に真剣勝負を挑むのは、なかなかできない経験になるのではないか。
 Jリーグや来年1月のアジアカップなど国際大会の影響で日程を取るのも大変な天皇杯。しかしノックアウト式の大会ならではの「ジャイアントキリング(大物食い)」が必ずどこかで出てくるはず。新生日本代表の初戦(9月4日、横浜)をはさんで行われる天皇杯の1、2回戦。熱い戦いは必至だ。
 
(2010年9月1日)

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月