サッカーの話をしよう

No.217 どうなる? FIFA会長選

 6月上旬、日本は日本代表チームの話題でもちきりになっているだろう。いよいよフランス国内での合宿地へはいり、最終調整の段階。カズや中田の体調が連日の話題だろう。
 だが、21世紀の世界のサッカーを考えるうえで非常に重要なことが、6月8日にパリで決定される。FIFA(国際サッカー連盟)の総会が開催され、その場で、新しい会長が選ばれるのだ。
 74年に前会長のスタンレー・ラウス卿(イングランド)を破って会長に当選して24年、ブラジル人のジョアン・アベランジェがようやく引退を決意したのは昨年。以来、ことしの選挙に向けての動きが活発となった。
 誰もが認める有力候補はUEFA(ヨーロッパサッカー連盟)会長のレンナート・ヨハンソン(スウェーデン)。FIFAのなかでも最大の発言権をもち、財政的に近年非常に成功しているUEFAだけに、支持母体は強力だ。

 95年末の「ボスマン判決」により、UEFAの中核をなすEU(ヨーロッパ連合)内では移籍金が認められなくなった。そのため中小クラブの存立の危機が叫ばれたが、ヨハンソンはトップクラスのサッカーで生んだ利益を中小のクラブに還元する政策をとり、うまく乗り切った。
 また、経済が混乱状態の東ヨーロッパの国々のサッカーに対する支援も積極的に進めている。トップクラスのサッカーや一部の国だけでなく、圏内のサッカーをしっかりとフォローしているヨハンソンの仕事ぶりを評価する人は多い。
 一方、長年ヨハンソンの攻撃の的になってきたアベランジェは、UEFAが世界のサッカーを牛耳るようでは困ると、ヨハンソンに対立候補を立てようと努力を続けてきた。
 最初に白羽の矢が立ったのは、南米サッカー連盟副会長のフリオ・グロンドナ(アルゼンチン)。野心のないグロンドナに断られると、今度はフランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)やミシェル・プラティニ(フランス)といった元人気選手に声をかけた。これにも失敗し、最後にたどり着いたのが、現在FIFAの事務総長を務めるヨゼフ・ブラッター(スイス)だ。

 ブラッターは現在まで立候補を表明していないが、UEFAは「立候補するなら現職を辞任せよ」と迫っており、難しい立場だ。
 立候補がうわされていたアフリカサッカー連盟会長のイサ・ハヤトウ(カメルーン)は昨年早くにヨハンソン支持を表明している。またアジアサッカー連盟事務総長のピーター・ベラパン(マレーシア)は、ヨハンソンからFIFA事務総長の座をオファーされたともらしている。
 ヨーロッパとアフリカ、アジアを合わせると、FIFAの4分の3ほどの勢力になる。この状況では、候補者はヨハンソンひとりになる可能性も高い。立候補締め切りは4月7日だ。
 アベランジェ会長はサッカーをコマーシャリズムと結びつけた。そしてその資金でユース大会を創出し、アジアやアフリカなど「後進地域」の発展に役立つプランを実施してきた。

 その政策に批判的だったヨハンソンが会長に就任すれば、FIFAの方針や施策は大きく変わるはずだ。新会長の任期は四年。それは、新会長が2002年ワールドカップに大きな影響を与える存在であることを示している。
 6月8日に誰がアベランジェの後継者に選出されるかは、21世紀のサッカーにとって重大な意味をもっているだけではない。日本にもたいへん関わりのあることなのだ。

(1998年2月23日)

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月