サッカーの話をしよう

No.1158 シュート練習はペナルティーエリア内から

 「これはね、ここから中には相手を入れてはいけないというラインなんだ」
 1987年から日産(現在の横浜FM)で活躍し、後に監督も務めたオスカーは、日産の若いDFたちにこう説明した。彼が指し示したのは、ゴールから16.5メートル、ペナルティーエリアのラインだった。
 「この中からシュートを打たれたら失点の可能性が高くなる。だから絶対にこの手前で止めなければならない」

 26シーズン目のJリーグが開幕した。第1節の9試合で生まれた得点は19。1試合平均2.11ゴールは、昨年の全306試合での793得点、1試合平均2.59ゴールと比較すると少し寂しかった。
 Jリーグでは試合前にピッチ上で20~30分間のウォームアップが行われる。やり方は千差万別だが、どのチームもその締めくくりは1人何本かずつのシュート練習ということになる。だがこれがなかなかはいらない。10本のうちGKを破ってゴールにはいるのは1本程度。半数の5本以上がゴールの枠を外れ、枠内に飛んでも5本中4本はGKに止められる。
 失礼ながら、「シュートを外す練習をしているのか...」と、見るたびに思う。
 相手の妨害がある「試合」ではなく、妨害のない練習なのになぜはいらないのか。どのチームもほぼ例外なくペナルティーエリアの外からばかりシュートしているからだ。
 日本サッカー協会が2014年のワールドカップ後に発表した『テクニカルレポート』に、2002年から4大会分の「得点となったシュートが打たれた位置」に関するデータがある。4大会全624ゴールのうちゴールエリア内が23.7%、ペナルティーエリア内が53.4%。派手なスーパーゴールが多いという印象があるワールドカップでさえ、ペナルティーエリア外からのシュートで得点になったのは15.4%に過ぎない(7.5%はPKによる得点)。ちなみに今季のJリーグ第1節の得点は、それぞれ15.8%、68.4%、10.5%、5.3%。やはりペナルティーエリア内からのものが圧倒的に多い。
 ならば、シュート練習はペナルティーエリア内からいかに決めるかに重点を置くべきだ。ロングシュートが必要な場面もあるが、エリア外から力いっぱいける練習ばかりでは得点力は上がらない。
 オスカーが話したように、得点することとは、ペナルティーエリアにはいってシュートを打つことだ。いかにエリア内でのシュートの状況をつくるかはチームの攻撃の最重要課題であり、そのシュートを得点に結び付けるのは個々の選手に課せられたテーマと言える。そこに、適切なシュート練習の必要性がある。

(2018年2月28日) 

No.1157 寒いスタジアムに決別を

 「春は名のみの...」を地で行くような寒さだ。
 記録的な寒波だという。日本海側や東北地方、そして北海道は厚い雪に覆われ、太平洋岸でも連日氷点下に近い冷え込みが続いている。
 そうしたなか、Jリーグの開幕が近づいている。今週土曜日にはシーズンの開幕を告げる「スーパーカップ」(川崎×C大阪)が埼玉スタジアムで行われ、23日(金)から25日にかけてJ1とJ2がいっせいに開幕する。J3の開幕は3月9、10の両日だ。
 1月30日には柏でアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフがあった。火曜日だからキックオフは午後7時。トレーニング開始から3週間たらずで試合に臨んだチームも大変だったが、1月のナイター観戦は、観客にとってもあまり歓迎したくないことだったに違いない。
 昨年、Jリーグは従来のシーズン制を継続することを決めた。8月開幕、翌年5月閉幕という「秋春制」に変更するか長年検討してきたが、変更によるたくさんのメリットを理解しつつも、冬の公式戦が増えることに対する恐れを拭い切れなかったのだ。積雪による試合中止のリスクもある。何よりも、寒いなかではファンに来てもらえないという思いがある。
 だがシーズン制が現在のままでも、寒さに凍えながらの観戦になる時期は短くない。2月、3月、11月、12月はもちろん、ナイターなら4月でも相当冷え込む。友人に笑われながらも、私は4月までは取材バッグのなかにダウンのインナーと手袋を入れておくのだが、かなりの頻度で出番が訪れる。
 仕事なら寒さも我慢しなければならない。だが安くない入場料を払うファンに我慢させていていいのか。ファンが来なければプロスポーツは成り立たない。現在のままのシーズン制でも寒さに凍えているファンがいるなら、リーグやクラブは、「寒くないスタジアム」の実現に向け動き始めなければならない。
 どんな天候でも快適に観戦できるのは、「ドーム型スタジアムに冷暖房」だろう。だが短期間での実現は難しい。まずは全観客席に屋根をかけること、風が吹き抜けないように観客席の背後をふさぐこと。そしてそのうえに、地域の気候やスタジアムに合わせた効果的な暖房システムを構築する。風力をはじめとした再生可能エネルギーだけでなく、近隣工場の排熱利用など工夫の可能性は無限にある。
 今週冬期五輪が開幕する韓国の平昌(ピョンチャン)はマイナス20度にもなると言う。それほどでなくても、2月、3月の日本のサッカースタジアムで2時間じっと座っているのは十分つらい。この問題を放っておくことは許されない。

(2018年2月7日) 

No.1156 ネーションズリーグで二極化進む?

 新しい時代が始まるのだろうか―。
 先週、スイスのローザンヌで開かれた抽選会で、欧州サッカー連盟(UEFA)が今秋から開催する「欧州ネーションズリーグ」の組分けが決まった。4年にいちどの「欧州選手権」に加え、2年にいちどチャンピオンが決まる新大会をスタートさせるのだ。
 代表チームのサッカーは過渡期にきている。ワールドカップ、欧州選手権、そしてそれらの予選など公式戦は注目されるが、親善試合になると観客は集まらず、選手たちのモチベーションも極端に低下する。そこで考え出されたのがこの大会だった。
 UEFA加盟の55カ国を4つの等級(リーグA~D)に分け、さらに各等級を3あるいは4チームずつ4組、計16組に分ける。ことし9月、10月、11月の国際試合日を利用して各月2節を消化、各組内でホームアンドアウェーの戦いをし、順位を決める。
 優勝を争うのはリーグA各組1位の4チームだけ(来年6月に準決勝と決勝を行う)だが、全16組の1位は来年3月にスタートする欧州選手権予選プレーオフへの出場権を得る。10組に分けての欧州選手権予選。各組上位2チーム、計20チームが2020年6月の決勝大会への出場権を得るが、そこで3位以下になってもネーションズリーグで1位を確保していれば、最後の4枠への戦いに参加できるのだ。
 ネーションズリーグの新鮮さは「等級分け」にある。UEFA独自のランキングで最も低い「リーグD」の16チームは、ワールドカップや欧州選手権の予選では常に上位のチームと当たり、ほとんど勝てない。だが新大会では勝てる可能性のある相手ばかり。しかも欧州選手権のプレーオフは、ランクの上位同士、下位同士で当たるため、リーグDの16チームからも必ず1チームは欧州選手権の決勝大会に出場できる。下位ランクの国のサッカーに大きな刺激を与えるのは間違いない。
 だが懸念はある。欧州のサッカーはこれでますます内向的になってしまうのではないか。現在のUEFAは国際サッカー連盟(FIFA)をしのぐ資金力をもち、クラブも代表チームのサッカーも、欧州内の戦いで十分世界の耳目を集める実力と魅力を備え、自己充足できるからだ。
 もちろん親善試合がゼロになるわけではない。だが欧州外の国が欧州のチームと交流する機会は大きく減る。
 世界中からかき集めるテレビ放映権収入で隆盛を極める欧州のサッカー。だがその収益は域内のサッカー振興だけのために使われ、さらに新大会が力を与える。新しい時代とは、世界のサッカーが「欧州とそれ以外」に二分され、格差が広がる一方の時代だ。

(2018年1月31日) 

No.1155 鎖骨に広告?

 先週はユニホームの色の話だった。ついでにユニホームにまつわる話をもうひとつ。
 Jリーグは今季からいわゆる「鎖骨スポンサー」を許可した。ユニホームの前面上部の左右2カ所に広告を入れることを認めたのだ。
 クラブチームのユニホームは、現在では広告なしだと間が抜けているようにさえ見える。だがそれが始まったころには大きな摩擦があった。
 スポーツのユニホームに広告を入れた最初はウルグアイの名門サッカークラブ「ペニャロール」。1950年代のことだった。欧州では1970年代になってフランスやデンマークなど財政難に苦しむリーグのクラブで導入された。だが多くの国では、クラブと地域の象徴であるユニホームに広告を入れることに、リーグや協会だけでなくファンの間でも強い拒否反応があった。
 1973年はじめ、当時ドイツ・ブンデスリーガの強豪のひとつだったブラウンシュバイクが酒造業の「イエーガーマイスター」と契約し、ユニホームの胸に同社の男鹿のマークをつけようとした。契約金は16万マルク。当時のレートで1664万円ほどだった。
 ドイツ協会は許可しなかった。しかし自分たちの収入にかかわる選手たちは投票でクラブエンブレムを従来のライオンから男鹿に変えることを決議、クラブはその年の3月から実質的に広告つきのユニホームで公式戦を戦った。ドイツでユニホーム広告が正式に認められたのは、その年の10月のことだった。
 こうして、せきを切ったように、1970年代半ばから欧州各国のクラブユニホームに広告がはいるようになる。胸の正面につける広告はテレビ中継のアップ画面や新聞・雑誌の写真で非常に目立つ。新しい広告収入はクラブの重要な財源になっていく。
 その流れに最後まで抵抗したのがスペインのFCバルセロナ。だが2006年、ユニセフに約1億7000万円を寄付したうえに無料で胸にユニセフのロゴをつける前代未聞の「胸広告」をつけると、2010年にはカタールの企業と年間約38億円の契約を結んだ。さらに昨年からは年間約80億円の史上最高額で日本の「楽天」を胸広告につけている。
 日本では、1992年、Jリーグ時代になって可能になったユニホーム広告。現在ではアマチュアチームでも日本協会に申請することで胸に広告をつけることができる。Jリーグ、なでしこリーグ、フットサルのFリーグでは、胸のほかに背中や袖にも広告を入れることが認められている。
 だが胸広告の収入はJ1でも3億円程度。バルセロナとは比較にならない。「鎖骨」にまで広告を許すのは、苦しいクラブ経営を少しでも助けるためにほかならない。

(2018年1月24日) 

No.1154 色覚多様性への配慮を

 2月下旬の新シーズン開幕に向け、Jリーグのクラブが続々と新体制を発表し、併せて新シーズンのユニホームもお披露目している。
 25年前のスタート時以来、Jリーグのユニホームに私は大いに不満をもってきた。アップで見たときのデザインばかりが優先され、緑のピッチ上に11人が散ったときの見やすさという最も重要な要素が後回しにされてきたからだ。
 だがそれ以上に、Jリーグ自体に、見分けやすいユニホームで試合をさせようという意識が低いように感じる。昨年3月のJ2「岐阜×松本」で緑とグレーのユニホームの見分けがつかず後半から岐阜が白に変えたという事件はプロとして論外だが、それ以外にも「見分けづらい」と感じる試合が、とくにテレビ中継を見ているとたくさんある。
 欧州サッカー連盟(UEFA)機関誌の最新号(第174号)に「色覚異常とサッカー」に関する記事があった。
 色の認識が多数の人と異なる状況をもつ人の割合は、日本では5%、欧州では8%にもなり、その大多数が男性だという。ある種の職業では業務が難しいこともあるようだが、差別につながらないようにと、日本では昨年来「色覚多様性」と呼んでいる。
 サッカーは「色の世界」である。2つのチームは色で区別し、選手も観客も、ユニホームの色を頼りに試合を楽しむ。それが一部の人にとって見分けにくいものだったら、その人びとは楽しみの大きな部分を奪われていることになる。相手とのユニホームの区別ができずに「自分はサッカーが下手」と思い込んでしまう少年が、日本でも20人に1人、欧州なら12人に1人もいるとしたら、心が痛む。
 スポーツの世界でこの問題に最初に手をつけたのは2016年、アメリカンフットボールのNFLだった。赤と緑の対戦を「赤対白」にさせたのだ。だがユニホームメーカーからの要請を受けたクラブの反対により、わずか1年で取りやめになった。
 しかし昨年6月、イングランド・サッカー協会が専門家の意見を聞いて多用な色覚をもつ人への配慮を求めるガイドラインを発行した。ユニホームだけでなく、ボール、ビブスやマーカーコーンなどの練習用具、スタジアム内の案内板や入場券を買うためのサイトの色の使い方にいたるまで、細かく解説されている。その考え方は、急速に欧州各地に広がろうとしている。
 日本では、デザインやウェブサイトの設計で配慮が行われており、見分けやすい交通信号の開発も始まっている。しかしスポーツ界ではまだこの問題は看過されたままだ。
 「色の世界」であるサッカーには、この問題の研究や対策を率先して進める責務があるように感じる。

(2018年1月17日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月