サッカーの話をしよう

No.1104 サッカー不在のワールドカップ48チーム案

 私がFIFAワールドカップを初めて取材した1974年西ドイツ大会。2日間試合があったら2日休みというのんびりしたものだった。基本的に1日4試合、25日間で38試合。期間中に試合が行われたのは半分以下の12日間しかなく、原則的に1試合日のすべての試合は同時刻開始だった。
 現代のワールドカップは忙しい。2018年ロシア大会の例をとると32日間で64試合。大会が始まると15日間連続で試合があり、大会期間中に試合がないのはわずか7日間にすぎない。そして1日3試合を時間をずらせて開催するから、キックオフが正午になったり深夜になったりする。開始時刻が他の試合と重なるのは、1次リーグの最終節だけだ。
 この大きな違いの理由は明白だ。テレビ放映の都合である。現在の試合日程なら1チャンネルだけでの放映でも56試合を生で放送できる。ワールドカップはかつて選手と観客の大会だったが、現在ではテレビの都合が最優先だ。無理もない。国際サッカー連盟(FIFA)は、1大会で2000億円もの収入をテレビから得ているからだ。
 先週、FIFAは2026年大会からワールドカップ出場チーム数を現行の32から48に増やすことを決めた。ワールドカップは誕生時の1930年に16チーム制がとられ、82年に24、98年に32と、近年急激に出場チーム数を増やしてきた。
 ワールドカップに限った話ではない。欧州選手権は昨年のフランス大会から24チームとなり、アジアカップも2019年UAE大会からやはり24チームの大会となる。巨大化の波の要因はただひとつ。より巨額の放映権収入獲得だ。
 ワールドカップには「1カ月間、決勝まで7試合」という不文律がある。それ以上の日程も試合数も、主要国の選手の大半を契約下に置く欧州のクラブが認めないからだ。
 「48チームのワールドカップ」では、3チームずつ16組で1次リーグ、その後に各組2チーム、計32チームでノックアウト方式の決勝トーナメントを行い、「不文律」を守ることができるという。
 だが3チームグループは日程の不公平を生み、増えた試合を無理やりこの日程に押し込むため、選手や観戦客のストレスはさらに増大する。「レベルが下がる」という反対論もあるが、収益増を目指すあまり「サッカー(選手と観客)不在」がさらに広がるのがより大きな問題だ。
 こうまでして収入を増やす必要が、FIFAにはあるのだろうか。現状の収入でも、何十人もの汚職役員が巨額を懐に押し込むのに十分だったではないか。48チームに増やして世界の多くの選手にチャンスを広げると言うなら、17歳以下や20歳以下の育成年代の大会のほうがふさわしい。

(2017年1月18日) 

No.1103 新国立競技場に鹿島?

 年末年始で最も驚いたニュースは、2020年の東京五輪のために建設されている新国立競技場をJリーグのクラブのホームスタジアムにしたいという話だ。12月30日に『スポーツ報知』が伝えた。
 同紙のサイトによると、取材を受けた政府関係者は「Jリーグのクラブが東京23区内に存在しないのは今後のサッカー界の発展につながらない。一からクラブをつくるのが難しいのであれば、既存クラブの移転が可能かどうかも検討している」と語ったという。そして候補として首都圏のクラブが有力であり、鹿島アントラーズとFC東京の名が挙がっているとする。
 Jリーグとの話し合いはこれからのようだが、「どうしたら国立競技場をJリーグクラブのホームにできるか」という話ではなく、最初から特定のクラブの「移転」を示唆していることにあぜんとする。鹿島の名が出てきたのは、年末のFIFAクラブワールドカップでの活躍から思いついたのだろうか。
 Jリーグのクラブは単なる「プロ球団」ではない。それぞれ「ホームタウン」とする地域に立脚し、地域の人びとに支えられて活動している。
 そもそも鹿島アントラーズというクラブは、鹿島地域に巨大工場をもつ住友金属が地域の活性化のために1992年にプロサッカークラブを設立、その理念に賛同した茨城県がスタジアムを建設して生まれたものだ。若者を中心とした地域の人びとの熱いサポートに応えようと選手たちが奮闘し、これまでにJリーグ8回を含む19ものビッグタイトルを獲得してきた。
 たとえて言えば、鹿島アントラーズはこの地域に大きく根を張った「巨木」であり、地域から与えられる栄養や水分への感謝として、大きく広げた枝葉で地域に潤いと喜びを返している存在なのだ。無理やりどこか別の地域に移そうとすれば巨木は枯れ、地域も無味乾燥な工場地帯へと戻ってしまうだろう。
 FC東京も同様だ。このクラブは2001年にスタジアムが完成するのを待って練習場を小平市につくり、調布市など東京西部で地道にファン層を広げる活動を続け、地域と深く結び付いてきた。「もっと大きく新しい家ができたからこっちに越してきて」と誘っても、地域のなかに生まれた絆を簡単に断ち切ることなどできるはずがない。
 新国立競技場をホームとするクラブができるということ自体はすばらしい。しかしそれは、すでにそれぞれの地域に根を張っている既存の人気クラブを引き抜いてくることではない。地域との深い結び付き、互いに努力を積み重ねた「歴史」を奪うことなど、誰にも許されない。

(2017年1月11日)

No.1102 大阪での天皇杯決勝

 元日の東海道新幹線は予想外の満席だった。鹿島アントラーズの赤や川崎フロンターレの水色を着たグループもあちこちに見受けられた。
 52年ぶりに関西で、そして56年ぶりに大阪府で開催された天皇杯全日本選手権決勝。落成からわずか1年の吹田スタジアムをホームとするガンバ大阪は準々決勝で敗退したものの、ほぼ満員と言っていい3万4166人の観客で埋まり、「決勝」にふさわしい雰囲気となった。
 日本サッカー協会(当初の名称は大日本蹴球協会)誕生とともに1921(大正10)年に始まった全日本選手権。1951(昭和26)年の第31大会以来天皇杯が授与され、1968(昭和43)年の第48回大会以降は決勝会場が年を越した元日に東京・国立競技場と固定され、ほぼ半世紀を経た。
 私が初めて天皇杯決勝を見たのは大学生1年生の71(昭和46)年元日。釜本邦茂の2得点により、ヤンマー(現C大阪)が延長の末東洋工業(現広島)に2-1で勝った試合だった。以後47回の天皇杯決勝を欠かさず見てきた。2014(平成26)年大会の決勝は2015年1月早々に開幕するアジアカップ(オーストラリア)への対応で12月13日に実施されたが、それ以外は元日に開催されてきた。すなわち私は、大学生時代以降、ほぼ一貫して元日を国立競技場で過ごしてきたことになる。
 きっと、東京やその近郊には同じような習慣をもつサッカーファンがたくさんいるだろう。「元日イコール天皇杯決勝」は、首都圏のファン固有の「文化」と言っても過言ではない。地元チームのいない決勝戦に人が集まるのだろうか―。「大阪決勝」を心配したのには、わけがある。
 だがそれは杞憂(きゆう)だった。気温12度。晴れて風もなく、苦になる寒さではなかった。大阪府警音楽隊の演奏もすばらしかった。鹿島は鹿島らしく、川崎は川崎らしく、全身全霊を傾けたサッカーを見せ、スタンドを沸かせ続けた。「大阪決勝」は見事な成功だったと思う。
 2014年元日の決勝を最後に国立競技場は建て替え工事にはいり、以後天皇杯決勝は埼玉スタジアム、味の素スタジアム(東京)と会場を移してきた。そしてことし半世紀ぶりに首都圏から大きく離れた。
 次回、2018年元日に決勝戦が行われる第97回大会は、開幕が4カ月早まり、1回戦が4月に行われる。準々決勝は10月、準決勝は12月23日。ラウンド間はほぼ1カ月間あり、原則として対戦チームどちらかのホームでの開催となる。
 決勝戦の会場はまだ決まっていない。「大阪決勝」の成功を見て、2020年に新国立競技場が完成するまでは、いろいろな地域で持ち回りにするのも悪くないと感じた。

(2017年1月4日) 

No.1101 卷誠一郎の生き方

 「あなたは息子を最後まであきらめずに走る子に育てましたか」
 2003年、監督に就任したばかりのイビチャ・オシムがジェフ千葉の入団懇親会で新人選手・巻誠一郎の父親にこう尋ねたというエピソードは、あまりに有名だ。
 「うちの子はへたくそですが、親として監督がいまおっしゃったことだけは自信があります」と父親が答えると、オシムは笑顔を浮かべて「そうなら、私が責任をもって育てます」と話したという。
 ことしの日本のサッカー界で私が最も強い感銘を受けたのは、J2ロアッソ熊本のFW巻誠一郎選手だった。
 4月14日夜に震度7の大揺れで始まった熊本地震は、28時間後の「本震」を含め、震度7が2回、6強が2回、6弱が3回。想像を絶する恐怖だったに違いない。全壊約8000棟を含む45万棟近くの住宅が被害を受け、橋や道路、農業・漁業用施設など多方面に甚大な被害が出た。
 そうしたなか、巻選手は自ら被災して避難生活となったが、迷うことなく被災者支援に取り組んだ。すぐさま復興支援のための募金サイトを立ち上げ、自らは支援物資の仕分けや配送手配に奔走した。
 巻選手は熊本県益城郡小川町(現宇城市)出身である。
 「現在の僕があるのは育ててくれたふるさとのおかげ。いまはサッカーどころではない」。自分自身がコンディションを気遣わなければらないプロサッカー選手であることなどまったく顧みなかった。
 選手もスタッフも被災し、練習場も使えず、熊本の試合はアウェー戦も含め1カ月間中止になった。他クラブから練習施設提供の申し出もあったが、選手たちは地元に残って支援活動に当たった。全体練習が始まったのは5月2日のこと。巻選手は練習が終わるとそのまま支援センターにかけつけ、夜遅くまで復興支援の作業を続けた。
 熊本は5月15日からJ2の戦列に復帰した。震災前には7戦して4勝1分け2敗、5位の好位置につけていたが、残りの35試合は過密日程になったこともあり8勝9分け18敗。最終順位は16位だった。だがその数字の背後には、魂をゆさぶる戦いがあった。
 「1年を通じて満足できたのか、満足できなかったのかというと後者ですが...。それでも1年を通して、歯を食いしばって必死に最後まで戦ったシーズンでした」
 自分自身のSNSで、巻選手はこう書いている。
 父親がオシムに約束したとおり、人生で最も困難な状況に直面したとき、彼は逃げることなく真っ正面から立ち向かった。その姿に多くの人が勇気づけられた。試合は再開されても人びとに元の生活が戻ったわけではない。巻選手の支援活動もまだ続く。

(2016年12月28日) 

No.1100 歴史的なVAR判定

 サッカーの新時代がこの日本で幕を開けた。「ビデオ判定」の導入である。
 2016年3月に「試験運用」が認められたばかりの「ビデオ副審(VAR)システム」。12月18日まで横浜と吹田(大阪)で開催されていたFIFAクラブワールドカップ(FCWC)で公式戦を使った初めての集中的なテスト導入が実施され、大きな反響を呼んだ。
 スタジアム外の判定室で多角度からの映像を見ながらピッチ上の判定をチェックするVAR。その「活躍」が表面に出たケースが大会中に2回あった。準決勝の鹿島対ナシオナルとレアル・マドリード対アメリカ。VARによって鹿島にPKが与えられ、またレアルの2点目が副審の判断どおりオフサイドではなかったことが確認された。
 最初のケースでは、ハンガリーのカサイ主審は当初反則とは判断しなかったのだが、プレー中断後にVARのマケリー審判員(オランダ)に示唆を受けて自らピッチ横に置かれたモニターを参照し、最終的にPKの判定を下した。
 ただ、プレーが切れるまでに45秒もの時間があってその間にボールが両チームの間を何回も往復し、延べ13人の選手がプレーした。さらに主審とVARのやりとり(無線システムを用いた対話)に1分間以上、カサイ主審のモニターチェックに20秒間近くと、判定が下されるまでに合計2分半近くかかってしまった。
 実は非常に複雑なケースだった。FK時に鹿島DF西が倒されたのだが、西はオフサイドポジションだった。主審はまず西がボールに関係する位置ではなかったことを確認する必要があったのだ。
 一方、レアルの得点の場面では、カセレス主審(パラグアイ)のジェスチャーがあいまいだったこともあり、混乱を招いただけでなく、得点の感動をなんとも間の抜けたものにしてしまった。
 このシーンでは、VARの手元にオフサイドの判定をする精密な映像があることが後に明らかにされた。ファンの騒ぎを防止するため、サッカーでは微妙な判定の映像は場内には流さないことになっている。だがビデオ判定の場合には「証拠映像」を示したほうが混乱が少なくなるように感じた。レアルの得点の場面では、あの微妙な場面を「オフサイドでない」と判定した副審の超人的な能力もクローズアップされたはずだ。
 「流れを中断するこのシステムはよくない」という選手からの意見も聞かれたが、私自身は運用方法を磨いていけば非常に有用なシステムであると感じた。ただVARの人材確保や多角度からの映像製作など高いハードルがあり、使うことのできる大会がごく限られたものになるのは避けられないだろう。

no1100.jpeg Photo by Shaun Botterill - FIFA/FIFA via Getty Images
Photo by Shaun Botterill - FIFA/FIFA via Getty Images

(2016年12月21日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月