サッカーの話をしよう

No.1167 25年目の5月

 「25年目の5月」だ。
 1993年5月は、日本のサッカーにとっての「明治維新」であり、最大の歴史の変わり目だった。Jリーグのスタートである。
 せわしない開幕だった。日本代表選手たちは5月7日まで中東のUAEで1994年ワールドカップのアジア第1次予選を戦い、帰国してすぐにJリーグ元年の開幕日を迎えた。
 5月15日、東京の国立競技場で行われた「開幕」のヴェルディ川崎×横浜マリノス。キックオフ直前の尋常でない熱気。あれほどの期待と興奮の高まりは、それ以前にも以後にも経験したことがない。
 25年前、あなたは何歳だっただろうか。どこで何をしていただろうか。そして25年後のことをどう考えていただろうか。私は42歳だった。開幕前後の嵐のようなサッカーブームのなかで、昼も夜もひたすらキーボードを叩いていた。25年後どころか、翌月のことすら考えられなかった。
 1993(平成5)年は、2002年ワールドカップ日本招致の陰の立役者だった宮澤喜一内閣で始まり、7月の総選挙で「新党ブーム」があって38年ぶりに自民党が政権を失い、細川護煕首相の連立政権が成立した年だった。地価が大きく下落し、バブル経済の破綻が誰の目にも明白になった。Jリーグ開幕の3日後に「ウィンドウズ3.1日本語版」が発売されたばかりのパソコンは、まだ大衆化には遠く、私が一心不乱に叩き続けていたキーボードはワープロ専用機のものだった。
 当時、日本サッカー協会の事務局は東京の渋谷区にある岸記念体育会館内の小さな1室にあった。その協会が10年もしないうちにワールドカップのホストを務め、都心に大きな自前ビルを所有するようになるなど、誰に想像できただろうか。「ドーハの悲劇」はこの年の10月のことであり、日本のサッカーはまだワールドカップで戦うことがどういうことなのか、想像すらできない時代だったのだ。
 それから25年、日本のサッカーは大変貌を遂げた。初年度の8府県10クラブから、Jリーグは1部から3部まで38都道府県54クラブに拡大し、ビジネス面でも順調な伸びを見せている。ヨーロッパのトップリーグで10人を超す日本人選手が活躍し、夢のようだったワールドカップ出場もことしのロシア大会で6大会連続となった。すべて、国籍を問わず日本のサッカーに関わった人びとが、競い合い懸命に努力してきた結果だった。
 だがそれでも、日本のサッカーは歩みを止めることはできない。世界も同じように、あるいはそれ以上に発展し、進歩しているからだ。本当の勝負は「次の25年」なのかもしれない。ただただ、積極果敢に挑戦を続けるだけだ。

(2018年5月9日) 

No.1166 ベルマーレの父

 4月27日に永眠した石井義信さん(79)は、誰にも分け隔てなく優しい人だった。
 フジタ工業を率いて日本サッカーリーグで2回の優勝を果たし、1986年から2年間日本代表の監督も務めた。当時の選手たちの力を最大限に引き出してソウル五輪出場権獲得まであと一歩に迫った戦いは、監督としての力量を感じさせるものだった。
 「エリート」にはほど遠かった。「サッカーどころ」の広島県出身だが、サッカーを始めたのは高校時代。無名高の県立福山葦陽高校卒業後に一般入社で東洋工業に入社、サッカー部の門をたたいた。当時の東洋工業は、日本代表の主将でもあったDF小沢通宏を中心に日本のトップクラスの戦力を誇っていた。
 そうしたなかで、「素人同然」の石井さんは努力を積んでついにレギュラーとなり、守備的MF(今日で言えばボランチ)として1965年からの日本サッカーリーグ3連覇に貢献する。その間、日本代表にも選ばれている。
 1968年はじめに28歳で現役を引退。東京支社に転勤になったが、サッカーは石井さんを手放さなかった。建設大手の藤田組(後のフジタ工業)の関連会社である藤和不動産の藤田正明社長が、「日本のサッカーを強くするにはプロ化が必須」と、自らプロを目指したチームを立ち上げることになったからだ。
 熱心な誘いに、石井さんは生涯勤め上げる考えだった東洋工業を退職、コーチ兼選手として栃木県リーグ4部に加盟した藤和不動産の強化を引き受ける。特別措置もあり、4年目には日本リーグ1部に昇格、8年目にチームはフジタ工業に移管され、創立10シーズン目の1977年には日本リーグ初優勝を果たす。このチームこそ現在の湘南ベルマーレの前身である。実質的な「初代監督」だった石井さんは、まさにゼロからその基礎を築き、日本の強豪クラブのひとつに押し上げた人だった。
 4月中旬、湘南ベルマーレは立派な「50年史」を発行した。ベルマーレ誕生は1993年。そこからの25年史ではなく、石井さんたち先人の奮闘に対するリスペクトから、あえて「50年史」とした。制作を担当した遠藤さちえさんは、完成を待ちかねるように一冊を石井さんの病床に届けた。
 「ご本人は電話に出られませんでしたが、『とても喜んでいた』というお話を奥様から伺いました」(遠藤さん)
 ページをめくると、一枚の写真が目を引く。1970年12月17日、日本リーグとの入れ替え戦で劇的な勝利を収めた直後の1シーン。そこには、右手を突き上げた31歳の石井さんがいる。その情熱、誠実そのもので、優しさのかたまりのような人柄は、決して忘れられることはない。合掌。



(2018年5月2日) 

No.1165 通訳にかかっている

 「サッカーの通訳は、何よりもサッカーとその用語に通暁していなければならない。しかし正確なだけではいけない。話し手のメッセージを正しく伝えられるよう、文化に合わせて脚色することも、良い通訳の重要な要素だ」
 そう語るのは、1980年代にスペインのFCバルセロナで英国人監督テリー・ベナブルズの通訳を務めたグラハム・ターナーである。
 日本代表は8年ぶりの日本人監督誕生でワールドカップまで通訳なしの状態になったが、Jリーグではいまもたくさんの通訳が活躍している。J1の18クラブで現在外国人監督は7人。今週浦和に着任したオズワルド・オリヴェイラ監督には、日本サッカー協会でハリルホジッチ前日本代表監督の通訳も務めた羽生直行さんがついた。監督が力を発揮するためには優秀な通訳が不可欠であることを、どのクラブもよく理解している。
 四半世紀のJリーグの通訳で異色な存在が、2003年から2006年までジェフ千葉でイビチャ・オシム監督の通訳を務めた間瀬秀一さんだ。クロアチアでコーチの勉強をしようとしているときにオシムさんの通訳になり、実のところ翻訳は正確ではなかったらしいが、オシムさんの哲学を理解し、「オシム語録」が生まれるほどの名通訳となった。
 間瀬さんは通訳のかたわら一からコーチの勉強をし、10年かけてJリーグの監督ができるS級ライセンスを取得、2015年にはJ3の秋田の監督となり、2017年からはJ2の愛媛で指揮をとっている。
 Jリーグで2クラブ目、3クラブ目と渡り歩く外国人監督は珍しくはないが、通訳もいっしょに動くことが多い。ことしから札幌を率いているミハイロ・ペトロヴィッチ監督は2006年に広島にきて以来、浦和、そして札幌と日本で13シーズン目となるが、広島時代から一貫して杉浦大輔さんが通訳を務めてきた。
 ドイツでコーチの勉強をした杉浦さんは、広島時代からコーチとして通訳を兼務している。13シーズンにもわたってペトロヴィッチ監督が好成績を残してきた背景には、彼の戦術も哲学も深く理解し、選手やメディアに伝えてきた杉浦さんの存在がある。
 言語の背景にはそれぞれの長い歴史や文化があり、ときとして「通訳不可能」なことまで伝えなければならない。
 冒頭のターナーは、あるときベナブルズ監督がわずか2語の英語で話した指示を正確に伝えようと、スペイン語で30語も話してしまったことがある。そのとき監督は、吹き出しながら「きみは自分の作戦を話しているんじゃないか」と大笑いしたという。
 通訳は本当に難しい。だがその能力に、現代のサッカーは多くを負っている。

(2018年4月25日) 

No.1164 『ステークホルダー』はサッカーにはなじまない

 「戦略という言葉は戦争の用語だから、サッカーにはあまりふさわしくない」
 記者の質問にそんな言葉で応じたのは、2006年から翌年にかけて日本代表を指揮したイビチャ・オシムさんだった。彼は自分が使う言葉に非常に厳格な人で、通訳がきちんと訳せているか、いつも気にかけていた。
 さて、日本サッカー協会が最近よく使う言葉に「ステークホルダー」がある。日本語にすると「利害関係者」となるが、金銭的な関係にとどまらず、その支援がなければ組織が存立しえないグループを指す言葉らしい。
 日本サッカー協会は「加盟団体規則」などの基本的な規約のほか、いくつもの公式文書でこの言葉を使っている。しかし私の理解力が不足しているせいか、そのたびに文書を書いた人が想定する対象が違うように感じられてならない。あるときにはサッカー界にとどまらず広く日本社会全体であったり、またあるときにはスポンサーそのものであったり、この言葉が出てくるたびに考え込んでしまう。
 私の手元にある『小学館ランダムハウス英和大辞典』は1976年版なのだが、その「stakeholder」という言葉の日本語訳には、ギャンブルにおける「賭け金の保管人」としかない。「ステーク」とは第一義的に「賭け金」のことであり、そこから「利害関係」という意味が派生したらしい。アメリカで「ステークホルダー」が「利害関係者」という意味で使われた例が初めて現れるのは80年代のことだというから、76年版の辞書にないわけだ。
 ではなぜ日本サッカー協会が日本語としてまだ十分にこなれていないこの言葉を多用するのか。それはビッグビジネス化に突き進む国際サッカー連盟(FIFA)の影響に違いない。過去数年間、FIFAの文書でこの言葉を頻繁に目にするようになった。
 FIFAは2013年に各国サッカー協会の規約をFIFAの標準規約に準拠したものに改めることを義務付けた。日本協会が役員選挙の制度を改革し、評議員会の構成を大幅に変えたのはそれに従うものだったが、そのなかで「ステークホルダー」という言葉も浸透したのではないか。
 以上の経緯は想像である。だが重要なのは、オシムさんではないが、最新のビジネス用語である「ステークホルダー」がサッカー界にはなじまないということだ。FIFAも日本協会も以前は「サッカーファミリー」という言葉を多用していたが、まだその言葉のほうが実像を想像することができた。協会がスポンサーの意向ばかり気にしているという世論を払拭(ふっしょく)するためにも、言葉を慎重に選ぶ努力が必要だ。

(2018年4月18日) 

No.1163 ワールドカップに向け『チームファースト』貫け

 「1%でも2%でも、ワールドカップで勝つ可能性を上げるために決断をした」
 4月9日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督との契約を7日に解除、技術委員長だった西野朗氏を新監督に決定したと発表した。ワールドカップ開幕まで66日。西野新監督に与えられる準備の時間は、大会直前の3週間あまりしかない。
 3月下旬にベルギーで開催された2つの親善試合は、非常に低調な内容で、ファンを失望させた。この試合で選手たちからハリルホジッチ前監督の方針に対する批判のような意見も出始めたことから、「コミュニケーションや信頼関係が薄れてきた」と判断、解任を決断し、パリに出向いて本人に告げたという。
 日本サッカー協会の予算は現在200億円を超しているが、その大きな部分を担っているのが日本代表だ。国内開催試合の入場料収入、テレビ放映権収入、関連グッズ収入など、日本代表の人気次第で大きな影響がでる。
 2006年からの4年間、日本協会の財政事情は非常に厳しかった。ワールドカップでファンを失望させた結果、代表試合で空席が目立ち、放映権収入も大幅に落ちたからだ。純粋なスポーツ面だけでなく、あるいはそれ以上に、日本協会には日本代表が強くそして人気のあるチームであってくれなければ困る理由がある。だから田嶋会長の決断はけっして軽いものではない。
 ともかく、さいは投げられた。西野新監督が選手たちと固い信頼関係を築き、チーム一丸の戦いのなかで勝機を見いだしてくれることを祈りたい。だがその前提として2つの条件がそろう必要がある。選手と協会が真摯(しんし)にワールドカップに取り組むことだ。
 日本は過去5回のワールドカップに出場してきたが、そのうち2回は大きく期待を裏切った。2006年ドイツ大会と2014年ブラジル大会だ。2大会には共通する要素があった。ひとつは選手たちの考え違い、そしてもうひとつは、日本サッカー協会による日本代表チームの過剰な利用だ。
 この2大会、選手たちは大会前の親善試合などで自らの実力を過大評価し、「挑戦者」の姿勢を失っていた。大会にはいって痛いしっぺ返しをくらうのは当然だった。
 そして日本協会自体も、日本代表をイベントに引き回すなど、チームが大会準備に集中するのを妨げた。サポートするはずの協会が足を引っ張って勝てるはずがない。
 「大会に向けサッカー界の力を結集できるよう、全身全霊で取り組む」と西野新監督はコメントを出した。選手、監督、協会のすべてが「チームファースト」で取り組む以外、道はけっして開けない。

(2018年4月11日) 

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月