サッカーの話をしよう

No.1180 代表にきたらチームで戦う

 「言葉」でサッカーの試合を勝つことはできない。走り、戦い、冷静にそして的確にプレーすることだけが、勝利をもたらしてくれる。
 しかしときに、ひとつの言葉がチームの方向性を決め、成功への重要な指針となるときがある。日本代表監督に就任したばかりの森保一監督はそんな言葉を発信する。
 「日本代表に選ばれるまでが競争だと思う。いったん集まったらチームとして戦っていこうと僕はとらえている」(『日刊スポーツ』より)
 U−21日本代表を率いて戦ったアジア大会の決勝戦翌日の9月2日、A代表合宿地の札幌に到着し、新千歳空港で語った言葉だ。
 3月まで日本代表を率いたハリルホジッチ元監督は、選手たちに常に「競争」を求めた。チームが伸びるためには個々の選手の成長が不可欠である。同監督の要求は当然だったが、ときにそれは選手たちの意識を過剰に刺激し、チームより自分の「アピール」を優先する選手も見られた。
 「サッカーはあくまでチームゲーム」。これが森保監督の重要な「信念」であることは、彼が率いたサンフレッチェ広島の戦いぶりを思い起こせば想像に難くない。日本代表でも、その信念をぶれずに貫くという宣言が、今回の言葉だったと思う。
 「U−21(21歳以下)日本代表」と言っても、今回のアジア大会では、その年代の選手を自由に選べたわけではない。1クラブから1人しか選べず、欧州のクラブに在籍する選手は招集できなかった。「寄せ集め」と言っても過言ではないチームは最初の数試合は苦戦したが、準々決勝のサウジアラビア戦以後は見事なまとまりを見せ、決勝戦でも「オーバーエージ」を含むU−23韓国代表を相手にもてる力を出し尽くした。
 全員が与えられた役割を懸命にこなし、チームの勝利のためにときに自らの判断で役割を超えたプレーにもチャレンジした。その結果、個々の選手が伸び、チームも大きく成長して銀メダルという期待を上回る結果を残した。
 ロシアで開催されたワールドカップでも、好結果の最大の要因は選手だけでなくスタッフも含めて「チーム第一」の姿勢が徹底され、チームが一丸となったことだった。ただ残念ながら、それは日本代表の「常態」ではない。これまでは、個々に違う方向を見て、チームになりきれない試合もたくさんあった。
 7日のチリ戦でスタートを切る1922年ワールドカップに向けてのチームづくり。4年間が森保監督の「信念」で貫かれたなら、きっと素晴らしい日本代表ができる。選手だけでなく、日本のサッカーにかかわる全員がこの言葉をかみしめなければいけない。

(2018年9月5日) 

No.1179 多忙な週末

 日本のサッカーにとって多忙な週末だった。日本時間に直しての時系列で振り返ってみよう。
 8月24日金曜日の午後9時30分にキックオフされたのがアジア大会の男子決勝トーナメント1回戦だ。会場はジャカルタの東、ブカシ市のパトリオットスタジアム。A代表監督も兼ねる森保一監督率いる?歳以下(U−21)日本代表がマレーシアと対戦した。
 ほとんど練習もできないまま寄せ集めに近い状態で大会にはいって4試合目。マレーシアの堅守速攻スタイルに手を焼いたが、終了間際にFW上田綺世(法政大)がPKで決勝点を挙げた(この一戦でチームが完全にまとまり、27日の準々決勝ではサウジアラビアに2−1で快勝した)。
 その試合終了から約3時間後の25日土曜日午前2時半には、フランス東部ブルターニュ地方のバンヌで池田太監督率いる20歳以下(U−20)日本女子代表がこの年代の女子ワールドカップで初の決勝戦に臨んだ。相手は1次リーグでも対戦し、0−1の敗戦を喫しているスペインだ。
 他の欧米チームと比較すると長身選手は少ないが、技術が高く、身体能力では日本を大きく上回るスペイン。しかしアメリカ、ドイツ、イングランドという優勝候補を次々と倒して決勝まで進んだ「ヤングなでしこ」は落ち着いていた。序盤の相手の猛攻を受け流すと、前半38分にMF宮澤ひなた(日テレ)の見事なミドルシートで先制、後半にも12分FW宝田沙織(C大阪)、20分MF長野風花(仁川)とたたみかけ、3−1で圧勝して初優勝を飾ったのだ。
 これで日本の女子は、なでしこジャパン(11年)、U−17(14年)と合わせ、女子の全クラスの世界大会で優勝を飾った最初の国となった。
 そして日本時間で25日の午後6時には、高倉麻子監督率いるなでしこジャパンがアジア大会の準々決勝で北朝鮮と対戦した。昨年の12月に0−2で完敗した相手だ。会場はスマトラ島のパレンバン。
 「妹分」の優勝に刺激されたのか、この試合のなでしこジャパンは闘志満々だった。前半40分にFW岩渕真奈(INAC神戸)のゴールで先制すると、後半17分にはMF長谷川唯(日テレ)が追加点。北朝鮮の反撃を1点に抑え、2−1で勝ちきったのだ。
 この3チームには、確実にパスをつないで攻め、苦しい時間帯をチーム一丸で乗り切るという「日本スタイル」が見事なまでに貫かれていた。それは当然、9月7日のチリ戦(札幌)でスタートを切る男子の日本代表で、さらに明確に示されることだろう。
 今週には最初のメンバー発表が予定される「森保ジャパン」。弟分や妹分の奮闘に負けているわけにはいかない。

(2018年8月29日) 

No.1178 『6+5』を譲るな

 「毎日50の新しいアイデアを考えつき、そのうち51が愚にもつかないもの」
 英国の名記者グランビル氏からそう揶揄されたのは、国際サッカー連盟(FIFA)のジョゼフ・ブラッター前会長である。しかしブラッター氏が提唱し、一時はFIFAがルール化した(わずか2年で廃止された)「6+5ルール」は、非常に重要な案だった。おそらく、「52番目」のアイデアだったのだろう。
 「クラブの試合では、その国の国籍をもち代表に選ばれる資格をもった選手が、先発メンバーに少なくとも6人はいなければならない」
 このルールは、クラブのサッカーはその国のサッカーの発展に寄与するものでなければならないという理念に基づいている。欧州連合の法律に反する可能性があること、何より欧州のビッグクラブが反対したことで葬り去られたのが残念でならない。いまではイングランドのクラブにイングランド人がひとりもいなくても誰も不思議に思わない。
 ところで、Jリーグでも国際化が進んでいる。8月19日の湘南×神戸では、神戸が先発で4人、交代で1人の外国籍選手を出場させ、一時は5人の外国人がピッチ上にいた。
 日本サッカー協会の規約では、1チームが登録できる外国籍選手は5人までで、そのうち1つの試合に出場できるのは通常3人までである。しかし現在のJリーグでは、外国籍選手3人に加えてアジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手1人、さらに提携国選手は制限なく出場できるというルールになっている。
 神戸の例でいえば、イニエスタ(スペイン)とポドルスキ(ドイツ)に加え、この日は出場しなかったブラジル人FWのウェリントンが「外国籍選手」にあたり、GK金承奎(キム・スンギュ=韓国)が「AFC枠」、そしてアフメドヤセル(カタール)とティーラトン(タイ)が「提携国選手」となる。現行のルールではこの6人が同時にピッチに立つこともできるのだ。
 提携国とは、Jリーグと提携を結んでいるリーグのことで、現在はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、インドネシア、マレーシアの東南アジア勢に加え、中東のカタールが含まれている。これらの国の選手は、「外国籍選手ではないものとみなす(Jリーグ規約第14条)」となっており、タイ代表選手を11人並べることも可能だ。
 Jリーグの設立の第一の目的は日本のサッカーを強くすることだった。その狙いは見事に成功し、日本代表は1998年以来6大会連続でワールドカップ出場を果たした。しかしその道がまだ半ばであるのは紛れもない事実だ。少なくとも「6+5」は譲ってはならない線ではないだろうか。

(2018年8月22日) 

No.1177 『過重労働』だったビデオ副審

 「過労死が出るのではないか」と心配になった。ロシアでのワールドカップでのビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)である。
 開幕戦でVARを務めたイタリアのイラティ氏が、翌日もポルトガル×スペイン戦の担当をしていた。開幕戦はモスクワ、翌日の試合は南へ1400キロも離れたソチ。ただイラティ氏は飛行機には乗らない。モスクワに置かれた放送センター内のVAR室が彼の仕事場だからだ。
 32チーム出場のロシア大会の総試合数は64。リストに掲載された主審は35人、副審は62人。それに対しVARはわずか13人。この大会では試合ごとに4人のVARが使われることになっていたから、どう考えても足りなかった。
 ただし4人の仕事は一様ではない。メインのVARのほか、アシスタントVAR、オフサイド専門のVAR、さらにサポートVARと役割が分担されていた。オフサイドVAR15人はすべて副審リストからピックアップされた。主審リストからも6人がVARを兼務し、全19人でオフサイド以外の3つの役割をこなした。これでひとり平均10試合ほどの担当になるはずだ。
 ところがその担当数に大きなばらつきがあった。開幕戦だけでなく決勝も担当したイラティ氏はVAR14試合、サポートVARを3試合、合計17試。オランダのマケリー氏も11試合と7試合で、合計ではイラティ氏を上回った。その一方、VAR専任として指名されながらメインのVARをいちども務めなかった審判員が13人中4人もいた。
 オフサイドVARのばらつきはさらに激しい。イラティ氏と組んで開幕戦と決勝戦を担当したチリのアストロサ氏はなんと18試合も担当した。
 大会期間は32日間。うち試合があったのは25日間。イラティ、マケリー、アストロサの3氏は、実にその約3分の2を狭いVAR室で10数台のモニターとにらめっこしていなければならなかった。ピッチ上の主審で最も多く試合で笛を吹いたのは開幕戦と決勝戦を担当したアルゼンチンのピターナ氏、5試合だった。
 VARは走る必要がなく、旅行も不要。試合は延長PK戦になっても3時間弱だ。しかしその間、一瞬たりともモニターから目を離すことは許されず、介入すべき事項かピッチ上の審判員に任せるべきか、瞬間、瞬間に判断を下し続けなければならない。VARは猛烈な精神的消耗を強いる仕事だ。それを短期間にこんな頻度で担当させるのは明らかに「過重労働」だ。
 失敗は許されなかった。だから「エースの連投」になったのだろう。だが大事な試合を任せられるVARがほんのひと握りしかいなかった事実が、ワールドカップで使うほどVARが成熟していなかったことの何よりの証拠だ。

(2018年8月15日)

No.1176 勝利を導くシュートブロック

 ロシアで行われたワールドカップで目立ったのが、「強豪」と言われたチームの予想外の苦戦だった。
 たとえば1次リーグの初戦でメッシを擁するアルゼンチンが初出場のアイスランドと対戦、26本ものシュートを放ったが、結果は1−1の引き分けだった。
 アイスランドの守備陣は、アルゼンチンがシュートに持ち込もうとするとその前に体を投げ出し、足を出して「ブロック」し続けた。その回数は10回にも及んだ。26本のうち9本はゴールの枠を外れたから、実際にアイスランドのゴールを脅かしたシュートは7本ということになる。
 国際サッカー連盟は、今大会から「シュートブロック」の数を公式記録に入れ、それもシュート数としてカウントするようになった。私の集計では、大会の総シュート数は1612本。うち4分の1強にあたる430本がブロックされた。1試合あたりチーム平均3.4本というところである。アイスランドの10本は異常な数字と言ってよい。
 「ブロック率」1位はスウェーデンの47.1%。際だった攻撃力があったわけではないこのチームが準々決勝に進んだ要因は、5試合で70本も打たれたシュートを33本もブロックした守備の力だった。
 一方、ブロック率が低かったチームは成績が悪かった。前回優勝から1次リーグ敗退という屈辱を味わったドイツは31本に対しわずか4本、12.9%という低さだった。10%台は9チーム。うち7チームが1次リーグ敗退だった。
 日本は平均を上回る28.1%(57本中16本)。相手のシュートをしっかりブロックできる守備組織が保たれていたことが、好成績の要因のひとつだったと言えるだろう。
 タックルは間に合わない。相手のシュートモーションに合わせ、ボールの前に足を投げ出して至近距離でシュートを止める...。ブロックの成否は、ボールをもった相手の動きに最後までついていけるかどうかにかかっている。敏しょう性だけでなく、読みの良さと決断力が必要だ。
 さらには、シュートする相手をマークする選手だけではブロックしきれない場合も多い。味方が抜き去られて決定的なピンチになったら、自分のマークを捨て、体を投げ出してブロックしなければならない。高い集中力のなかでポジションや体の向きの準備をし、その瞬間には考えることなく自然に体が動いているようでなければ間に合わない。
 得点がはいらないのはもどかしいかもしれない。しかしシュートブロックは高度な個人プレーであり、また美しいチームプレーでもある。守備の規律のあるチームだけが、ブロックで勝利を引き寄せることができる。

(2018年8月8日)

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2018年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月