サッカーの話をしよう

No.1152 ピッチに立つ

 サッカーを取材して記事を書く仕事のかたわら女子のチームの監督という役割を引き受け、30年以上が過ぎた。
 週3日の練習と日曜日の試合。できる限り参加する。取材のときは高い記者席からしか見ないピッチに、週に4回は立っていることになる。
 中学3年生のときにサッカーを始めたが、高校時代に公式戦に出場できたのは1試合だけ。能力が低いうえに努力も続かないとあっては仕方がない。そんな私に心から「サッカーで生きていきたい」と思わせたのは、大学時代に取り組んだ少年サッカーの指導と、コーチ仲間でつくったチームでの試合経験だった。
 だがサッカーという競技をより深く考えさせてくれたのは、30代半ばからの「コーチ兼監督」という役割だった。
 「グラウンドに出る前に、私の仕事の9割は終わっている」と、故・近江達さんから聞いたことがある。1970年代に大阪で枚方FCというクラブを設立、圧倒的なテクニックをもつ少年たちを育成して日本中に強い刺激を与え、現在につながる日本サッカーの発展に大きく寄与した人だ。
 外科医の激務の合間に、近江さんは次々と新しい練習メニューを考案し、それを細かな字でびっしりとノートに書き込んだ。グラウンドに出ると、ノートを左手にもち、やり方を簡単に説明して見守るだけ。そしてその観察からまた新しいメニューを考えるという指導スタイルだった。
 だが自分自身でチームの指導を始めてみると、私のような凡庸な頭脳の浅慮では、机上のメニューが現実的でも効果的でもないことがとても多かった。そんなときに助けになったのが、「ピッチに立つ」ことだった。
 フルサイズだと幅68メートル、縦105メートルのサッカーピッチ。その中央だけでなく、タッチライン際やペナルティーエリアなどいろいろなところに立ってみると、プレーの光景が次々と浮かび、事前に考えてきたメニューをより実戦的なものに手直しすることができる。そしてまた、「今度はこうやってみよう」などと、新しいアイデアも湧いてくる。
 ピッチの中にははいれないが、そのすぐ脇で試合を見守る「監督」という立場も、いや応なしにさまざまなことを考えさせる。ゲームプランをたて、そのための練習を組み立てる。勝敗を左右する決断を短時間で迫られる場面も少なくない。たまには鮮やかな成功もあるが、それ以上にたくさんの失敗がある。失敗から多くのことを学んできた。
 そうした経験が、サッカーを報道するという仕事に計り知れないプラスになってきたことに、いまさらながら思い至る。年の瀬に、ピッチに立たせ続けてくれたこのチームに育てられてきたと感じる。

no1152_20050515.JPG
提供・今井恭司=スタジオ・アウパ

(2017年12月27日) 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月