サッカーの話をしよう

No.1106 小松原博和さん 裏方人生40年

 小松原博和さん(63)が初めて日本サッカー協会の仕事をしたのは1974年11月24日のことだった。その日、東京・国立競技場で、引退したサッカーの王様・ペレ(ブラジル)が子どもたちに指導するイベントが行われ、ペレが使う更衣室の「門番」を命じられた。
 濃い緑のジャージーに着替えて出てきたペレは、21歳のアルバイト学生を見ると「アリガト」と右手を差し出して握手してくれた。その手のひらのやわらかさを、小松原さんはいまでも覚えている。
 正式に協会職員になったのが1977年。以来40年間にわたる仕事に、きのう、小松原さんはピリオドを打った。アルバイト時代を含めると、第4代の野津謙会長から実に11代の会長の下で働いてきたことになる。定年を延長し、来年4月の誕生日までは働くことができた。しかし昨年痛めた腰の治療を優先させた。
 「こまっちゃん」。周囲からそう呼ばれ、親しまれた。小柄な体に笑顔を絶やすことなく、小松原さんはサッカーの裏方ひと筋に生きてきた。
 担当は一貫して日本代表。当時協会職員はわずか11人。何でもひとりでやった。代表チームの用具管理、いまではありえない医薬品管理、来日チームの出迎え、打ち合わせから記者会見の司会...。
 その間、ベッケンバウアー、クライフ、マラドーナなどスーパースターを間近で見て言葉をかわす機会もあった。
 1992年以後はワールドカップの招致委員会、次いで組織委員会に出向し、スタジアム建設の支援に奔走。2002年、大会終了とともに協会に戻って審判を担当した。スタジアム建設も審判も地方協会との折衝や連絡が主な仕事。過去25年間で小松原さんは全国をくまなく回り、日本中の関係者から親しまれ、信頼された。
 2003年からは川崎フロンターレの応援という楽しみができた。この年に就任した武田信平社長は若いころのサッカー仲間だった。だが何よりも、フロンターレは小松原さんの地元クラブだったのだ。
 実のところ等々力運動公園の一部は祖父の土地だった。その等々力で徹底して地域に密着する活動をするフロンターレに、心が躍った。以来、家族で年間チケットを買い、試合日には朝6時の順番取りから一日をフロンターレのために過ごし、試合終了の15分後には風呂の中という天国のような週末を送っている。
 「世界のスーパースターに会えて、週末にはフロンターレざんまいで、こまっちゃんほど幸せな人はいないよ」
 仲間にはそう言われる。
 「腰を治したらもういちどサッカーのために働きたい」(小松原さん)。少年のような笑顔には、40年間サッカーの裏方として働いてきた、価値あるしわが刻まれていた。

no1106.JPG
小松原博和さん

(2017年2月1日) 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月