サッカーの話をしよう

No.976 生きざま見せるベルマーレ

 先週末のJリーグで最大の衝撃は、Jリーグ2部、J2の湘南ベルマーレだった。
 J2第7節。湘南は千葉と対戦し、6-0で勝った。J1昇格へのライバルのひとつと見られる千葉に対し、アウェーにもかかわらずシュート数で29対7と圧倒し、千葉の鈴木淳監督も「完敗」を認めざるをえなかった。
 これで開幕から7連勝。だが曺貴裁(ちょう・きじぇ)監督は、選手たちの「サッカーに真摯に取り組んで自分たちがやれることを百パーセントやる姿勢」はほめながらも、「昨年、J1で負け続け、残留できなかった悔しさを晴らすには、まだまだやらなければならないことが多い」と引き締める。
 千葉の鈴木監督が認めたのは攻守の切り替えの速さの差。ボールを奪われてから守備にはいる湘南の速さ、ボールを奪ってから攻撃に移る速さは、J1でも見ることのできないものがある。そのうえに、「ここ」と見るとチーム全員が迷わず全力疾走する。その繰り返しも走る距離も、まったく気にしない。
 6得点のなかでも衝撃的だったのは、前半28分の2点目だ。ペナルティーエリアの左でMF菊池大介がボールをもつと、FW武富孝介が外側を抜いてダッシュ。タイミングを逃さず菊池からパスが出ると、武富がファーポストにクロス。そこにはFW大槻周平がポジションをとり、左足ボレーでシュートしようと身構えていた。
 右外から突然MF宇佐美宏和が全速で走り込んできたのはそのときだった。走り込んだスピードを高い跳躍に結びつけると、強烈なヘディングシュートを叩き込んだのだ。
 以前サガン鳥栖の尹晶煥(ゆん・じょんふぁん)監督と話したことを思い出した。鳥栖のサッカーが攻撃的かどうかという話だ。
 私は攻撃的と評したのだが、尹監督は「みんな守備的だと言う」と苦笑いした。
 たしかに、鳥栖は守るときには全員が引いて相手の攻撃をはね返す。しかしいったん攻撃に移ると、4人も5人もが80メートルも全力で駆け上がり、クロスがはいるときには相手ペナルティーエリアに殺到している。この献身、恐れを知らない情熱こそ、「攻撃的」と呼ぶべきものだ。
 元U-19日本代表のMF菊池、現U-21日本代表のDF遠藤航など、将来を嘱望される若手もいるが、大半は無名選手の湘南。しかし曺監督の哲学が浸透し、いま湘南の選手たちは、自分たちの生きざまを、90分間という限りある試合時間のなかで表現しきっているようにさえ見える。

(2014年4月14日) 
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月