サッカーの話をしよう

No.878 ゾーンCK守備のすすめ

 日本のコーナーキック(CK)は遅い。
 大ざっぱな話だが、欧州の主要リーグではボールが出てから平均20秒でCKがけられるが、Jリーグでは平均30秒かかる。攻撃側が時間をかけることが最大の原因だが、守備側の「マツーマン守備」にも一因がある。
 守備側は相手選手をひとりずつ厳しくマークする。動き出しに遅れないよう、相手を両手でかかえ込む選手までいる。それを見た主審が笛を吹いて注意を与える。そんなことで10秒も余計にかかってしまうのだ。
 だがマンツーマンだけがCKの守り方ではない。それぞれの選手が地域を担当する「ゾーン」の守備もある。
 守備側はボールがけられるコーナーに近いゴールポスト(ニアポスト)前に1人、ゴールエリアの角に1人、ゴールエリアのライン上に3人など、「危険地域」にバランス良く選手を配置する。そしてけり入れられるボールの落下地域を担当する選手が責任をもってはね返す。
 日本代表が2月に大阪で対戦したアイスランドは、極端なゾーン守備だった。日本のCKに対し、通常は3、4人で対応するゴールエリアのライン上に6人が並び、まるで人壁のようだったのだ。この試合、日本は8本のCKを得たが、シュートに結び付けられたのは1本だけ。得点にはつながらなかった。
 「ゾーンだとボールに集中できる」
 ラーゲルベック監督はそう説明した。
 マンツーマンでも1人か2人は重要なポイントをゾーンで担当するのが普通。ゾーンでも相手に特別ヘディングが強い選手がいればその選手にだけマークをつけることもある。だが実際には両者の違いは歴然。ゾーンだと引っ張り合いや押し合いがなく、非常にクリーンなのだ。必然的に主審の介入もなく、試合運びも速くなる。
 欧州ではCKをゾーンで守るチームが増えてきた。マンツーマンが圧倒的だったJリーグでも少しずつ出てきた。柏や名古屋だ。だが多数派はまだマンツーマン。つかみ合いの醜い争いこそ減ったが、攻撃側の動きが巧妙になった分、ゴール前の混乱はひどい。
 ゾーンにして失点が増えるわけではない。昨年のJリーグの優勝と準優勝チームが採用していることでも明らかだ。それならば、無益な争いのないゾーンのほうが、選手の精神衛生上も好ましいのではないか。マンツーマンに凝り固まっていないで、いちど試したらどうだろうか。


no878_12-04-04用1990WCトリノ_ブラジル対コスタリカ.jpg
1990年ワールドカップ ブラジル対コスタリカ(トリノ)
 
(2012年4月4日)
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

サッカーの話をしようについて

1993年から東京新聞夕刊で週1回掲載しているサッカーコラムです。試合や選手のことだけではなく、サッカーというものを取り巻く社会や文化など、あらゆる事柄を題材に取り上げています。このサイトでは連載第1回から全ての記事をアーカイブ化して公開しています。最新の記事は水曜日の東京新聞夕刊をご覧ください。

アーカイブ

1993年の記事

→4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1994年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1995年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1996年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1997年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1998年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

1999年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2000年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2001年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2002年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2003年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2004年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →9月 →10月 →11月 →12月

2005年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2006年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2007年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2008年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2009年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2010年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2011年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2012年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2013年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2014年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2015年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2016年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月 →12月

2017年の記事

→1月 →2月 →3月 →4月 →5月 →6月 →7月 →8月 →9月 →10月 →11月