ワールドカップ が付けられている記事

No.61 時間の浪費こそ大敵
1994年7月12日
 「サッカーの試合時間は何分?」と聞かれれば、たいていの人は「前後半合わせて90分」と答えることができる。こんなことは、いまでは日本人の常識だ。だが、アメリカで行われているワールドカップでは、その常識...

No.60 フロスリッド親子 ワールドカップの夢
1994年7月 5日
 ワールドカップ・アメリカ大会も後半にかかり、9都市のうちのいくつかは最終試合を終えて会場を閉じた。シカゴも2日のドイツ−ベルギー戦が最終戦。試合後数時間たったメディアセンターでは、仕事をほとんど終え...

No.59 アジア、アフリカの台頭にテレビの影響
1994年6月28日
 「ブラジル以外に飛び抜けたチームはいない」 ワールドカップ・アメリカ大会前半の試合を見て感じるのは、「世界が狭くなった」ということだ。 韓国がスペイン、ボリビアと引き分けた。サウジアラビアがオランダ...

No.58 USA94の主役は陽気で積極的なボランティア
1994年6月21日
 ワールドカップが開幕して早くも4日目が過ぎた。連日のように会場を移って取材しているが、どの会場も満員の観客でふくれ上がり、すばらしい雰囲気だ。 360万枚用意された入場券も大会前には大半が売り切れた...

No.57 ディエゴ・ルセーロ 伝説の記者
1994年6月14日
 第15回ワールドカップ開幕が目前に迫ってきた。1930年から世界のサッカーファンの夢を乗せ、世界のプロフェッショナルたちが情熱を注いで戦ってきたワールドカップ。 協会関係者以外の日本人が実際にこの世...

No.55 ワールドカップ招致はアジアの視線で
1994年5月31日
 日本サッカー協会の島田秀夫会長が2002年ワールドカップの招致に関して「アジアには期待していない」と発言したという問題は、会長自身が釈明して一応は落ちついたようだ。 ワールドカップ開催地を決めるのは...

No.53 子どもたちにワールドカップを与えるか、麻薬を与えるか
1994年5月17日
 5月13日は日本のサッカー関係者にとってショッキングな1日だった。 日本政府のマラドーナへのビザ発給拒否はアルゼンチンのキリンカップ参加取り止めを引き起こし、クアラルンプールではアジア・サッカー連盟...

No.48 GKはサッカー選手ではない?
1994年4月 5日
 この夏アメリカで行われるワールドカップで、国際サッカー連盟(FIFA)はまたひとつルール改正を実施することを決めた。選手交代をこれまでの2人でなく、3人使えるようにしたのだ。ただし3人目の交代は、ゴ...

No.46 日本にも迫りくるワールドカップ熱
1994年3月22日
 気がつくと、周囲にワールドカップ・アメリカ大会のロゴやマスコットのキャラクター商品が何種類も出回っている。 第15回ワールドカップ1994四年アメリカ大会は、6月17日から7月17日まで、アメリカの...

No.1 ファンのマナーが国際試合を盛り上げる
1993年4月20日
 ワールドカップのアジア1次予選で、日本代表がこれ以上のないスタートを切った。初戦のタイ戦では緊張のせいかチグハグなプレーが目立ったが、以後は試合を追うごとに安定し、アジアの王者らしい堂々とした勝ちっ...

  1 2 3 4 5 6