サッカー文化 が付けられている記事

No.1105 早生まれは不利か
2017年1月25日
 奥寺康彦(64)は、私と同学年のヒーローである。 神奈川県の相模工大(現湘南工科大)付属高を卒業後、日本リーグの古河電工と日本代表で活躍、1977年にドイツの名門1FCケルンに移籍してブンデスリーガ...

No.1093 サッカーとメディア 誕生時からの関係
2016年10月26日
 「木々の葉が落ち、風が冷たくなるころ。それこそフットボールの季節だ。退屈な日々に喜びを与えてくれる、これ以上の存在はない」 そう書いたのは、「サッカーライターの祖」と言われるジョン・D・カートライト...

No.1086 『テレビの力』を見せた真実の瞬間
2016年9月 7日
 「テレビの力」を、まざまざと見る思いがした。9月1日のワールドカップ予選UAE戦である。 後半32分に日本代表FW浅野が放ったシュートは、懸命に戻ったUAEのGKエイサが空中でかき出した。ゴールライ...

No.1080 選手とサポーターをつないで25シーズン、500号
2016年7月13日
 「偉大な仕事」とは、希有な才能によってなされるとは限らない。平凡な人びとが、ひとつの志の下、営々と続けることによって成し遂げられるもののほうが、この世の中にははるかに多い。 浦和レッズがホームの公式...

No.1075 大量得点の文化
2016年6月 8日
 先週のキリンカップ初戦、ブルガリア戦での日本代表の7ゴールには驚いた。前半はシュート8本で4点。チャンスのたびに得点が生まれる感覚だった。後半もシュート9本で3点を追加した。 サッカーの大量点はそう...

No.1063 ホーム偏重演出はおかしい
2016年3月 9日
 24シーズン目のJリーグがスタートした。J2から昇格した3クラブが第2節目までにすべて勝ち点を記録し、連勝スタートは大宮アルディージャ(昇格組)と鹿島アントラーズの2クラブだけ。予想どおりの混戦模様...

No.1038 35周年、100人の笑顔
2015年8月26日
 百人の笑顔が広がった。幸福感が百倍になった。 監督という立場で私が参加している東京の女子サッカークラブ「FC PAF」が、先日、創立35周年を記念するイベントを開催した。 午前中のサッカー、会場を移...

No.1027 白黒ボール50年
2015年6月 9日
 「サッカーボールを描いてみてください」 そう求められたら、いまでも多くの人が「白黒ボール」を描くのではないか―。 黒い正五角形12枚と白い正六角形20枚、計32枚のパネルを組み合わせることでつくられ...

No.1022 青くなってきたJリーグ
2015年4月22日
 「青が多くなったな...」 昨年J3(3部)が誕生したJリーグ。J1からJ3までで何クラブになるのか、正確に知っている人は多くはないのではないか。正解は、J1が18、J2が22、そしてJ3が12で、...

No.1006 雪の話
2014年12月17日
 都心で早くも雪が降った。この冬は寒さが厳しそうだ。 どんな天候でも試合をするのがサッカーという競技のはずだが、雪には弱い。12月7日には、大雪で新潟県内の交通機関が大きく乱れたため、Jリーグの新潟×...

No.1005 天皇杯決勝が12月13日?
2014年12月10日
 どうもしっくりこない。今週の土曜日(12月13日)が、天皇杯決勝戦だということだ。 日本サッカー協会が誕生した1921(大正10)年に始まり、今年度で第94回となった「全日本選手権」。1947(昭和...

No.986 自分の判断で道を渡る
2014年7月30日
 ワールドカップの会場のひとつだったフォルタレザで驚くべきものを見たのは、競技場から空港へ向かうタクシーの中だった。 郊外で大きな道が交差するインターチェンジ。途切れることなく車が周回する中央の空き地...

No.966 気が重い『風の季節』
2014年1月22日
 1月19日(日)は大変だった。 東京・江東区のグラウンドで試合をしたのだが、ときおり猛烈な北西の風が吹き、グラウンドから巻き上がった土ぼこりで目も開けていられない状態になってしまったのだ。 この日は...

No.962 バロンドールの日
2013年12月18日
 きょうは「バロンドール記念日」だ。  57年前、1956年の12月18日に発売されたフランスのサッカー週刊誌「フランス・フットボール」の誌上で最初の「欧州最優秀選手」が発表された。  第一回受賞者は...

No.958 ベルギーから世界に本と情報を発信
2013年11月20日
 「現在扱っているのは5000アイテムほど。でもそのほかに売り物にはしない個人コレクションが1万5000冊以上ありますよ」 日本代表の取材でベルギーに行ったついでに、ある人に会いに行った。セルゲ・ファ...

No.948 東京2020 新しいスポーツ文化を
2013年9月11日
 たくさんのトルコの人びとが、フェイスブックに「おめでとう東京」のメッセージを書き込んでいるという。 2020年夏季オリンピック東京開催。競技場や練習場などスポーツ施設だけでなく、各種インフラの整備が...

No.947 六角編みのネットでゴールの感動を
2013年9月 4日
 9月になったばかりだが、私の胸には、「ことしいちばん印象に残ったゴール」がすでに決まっている。 6月4日、ワールドカップ出場をかけたオーストラリア戦。終了直前に本田圭佑が決めたPKだ。左足から放たれ...

No.946 ベールを脱いだ日本サッカー伝説の試合
2013年8月28日
 先週土曜日(8月24日)、NHKのBSで「伝説の名勝負」として1968年メキシコ五輪の三位決定戦、メキシコ戦が90分間のフルタイムで放送された。最近発見された映像だという。 長い間、メキシコ五輪は日...

No.938 「国際親善試合」の意味
2013年7月 3日
 サッカーの母国イングランドで「20世紀最大の一戦」と呼ばれる試合がある。 1953年11月25日にロンドンで行われたイングランド対ハンガリー。それまでホームでは負けたことがなかったイングランドが3-...

No.930 大型映像装置映像の偏りに疑問
2013年5月 7日
 以前からとても気になっていることがある。Jリーグのスタジアムの大型スクリーンに出される映像の極端な偏りだ。 Jリーグが今年度実施しているスタジアム検査要項では、「大型映像装置」は必須項目にははいって...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11